• 2018.12.31

    退院後、リハビリはどこで行うことがよいか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.退院後のリハビリはどこで行う? 2.施設で行った群、自宅で行った群に分けて効果を検証 3.両群ともに生活の質、歩行能力、身体機能の改善が認められました   背景 人工股関節全置換術後のリハビリでは、疼痛や運動機能を改善することや、転倒防止などを目的...

    続きを読む

  • 2018.12.30

    脳卒中患者の運動スキル学習に対するアプローチは何がある?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.経頭蓋直流電気刺激(tDCS)とは? 2.慢性期脳卒中患者に対しDual-tDCS+麻痺側上肢の運動課題の効果を検証 3.Dual-tDCSにより運動スキル学習の量とスピードが向上する   背景 運動学習は脳卒中後の回復において重要な要素であり、運...

    続きを読む

  • 2018.12.29

    実際の環境下での訓練は歩行能力の向上がどのくらい持続する?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.実際の環境下での歩行練習の重要性について 2.過去の論文から、実際の環境下でのリハビリで歩行能力が向上するかを検証 3.実際の環境下での歩行練習は歩行能力の向上が認められ、3~6か月効果は持続する   背景 入院患者の歩行練習を行うとき、地域での生...

    続きを読む

  • 2018.12.28

    脳卒中患者におけるHANDS療法は効果がある?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.HANDS療法ってなに? 2.発症後60日以内の脳卒中患者にHANDS療法を行い、その効果を検証 3.HANDS療法を行った群は対照群と比べ上肢の機能が向上する   背景 Hybrid Assistive Neuromuscular Dynamic...

    続きを読む

  • 2018.12.27

    骨盤底筋トレーニングで尿失禁を改善できる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.尿失禁の種類 2.過去の論文から、骨盤底筋トレーニングと尿失禁の関連を調査 3.骨盤底筋トレーニング群で腹圧性、切迫性、混合型ともに尿失禁が改善する   背景 尿失禁には、腹圧性、切迫性、混合型があります。腹圧性は、咳やくしゃみなどお腹に力が入った...

    続きを読む

  • 2018.12.26

    在宅でのCI療法で上肢機能を改善できる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中患者に対する上肢アプローチについて 2.自宅で行うCI療法群と通常のリハビリを行った群を比較 3.自宅で行うCI療法群の方が、通常リハビリと比べ動作の質が改善した   背景 脳卒中患者に対するアプローチとしてCI療法(Constraint-I...

    続きを読む

  • 2018.12.25

    変形性膝関節症になりやすいスポーツってどんなスポーツ?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.スポーツには変形性膝関節症になるリスクは高い 2.スポーツと変形性関節症の関連を調査 3.サッカー、アイスホッケー、テニスで変形性関節症になるリスクが高い   背景 スポーツで活躍している選手は、変形性関節症になるリスクが高い状態にあります。様々な...

    続きを読む

  • 2018.12.24

    腰痛に対する継続的な理学療法は必要か?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.腰痛にかかるコストについて 2.アドバイスを行っただけの群と、理学療法を行った群で比較し検証 3.アドバイスを行っただけの群と、理学療法を行った群で有意差は認められず   背景 日本で腰痛にかかる医療費は、2002年と2005年、2008年、201...

    続きを読む