• 2019.02.28

    早期からの在宅リハビリは通常のリハビリより効果的?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.早期からの在宅のリハビリについて 2.早期から自宅でリハビリ実施群と、通常のリハビリ実施群で比較 3.早期から自宅でリハビリ実施群の方が、麻痺の状態とQOLが有意に向上する 背景 脳卒中を発症した場合、急性期、回復期を経て自宅へ復帰していくのが治療の流れとなって...

    続きを読む

  • 2019.02.27

    アルツハイマー型認知症を増悪させる要因とは?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.認知症について 2.認知症状と重症度、死亡との関連を調査 3.精神疾患、興奮性/攻撃性、認知症状の内4つ以上当てはまる症状がある場合に認知症の進行が早い 背景 認知症は進行していく病気です。認知症について予防の論文は数多く出ていますが、認知症を悪化させる要因はど...

    続きを読む

  • 2019.02.26

    認知症の人でも運動療法でADLは改善できる

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.認知症と運動療法について 2.認知症患者を対象とした過去の論文から、運動療法でADL能力が向上するかを調査 3.認知機能の向上は認められなかったが、ADL能力では、運動療法実施群の方で向上が認められた 背景  臨床において認知症患者に対しリハビリを行う...

    続きを読む

  • 2019.02.25

    腰痛症や変形性関節症に効果的な痛み止めの種類について知っていますか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.痛み止めの成分について 2.過去の論文から、変形性関節症や腰痛患者に対するアセトアミノフェンの効果を検証 3.腰痛患者に効果は認められず、変形性関節症患者は短期間で効果が認められた 背景 変形性関節症や腰痛患者の痛み止めとして、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID...

    続きを読む

  • 2019.02.24

    長時間の座位中に、軽い運動を入れるだけで死亡リスクを下げられる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.座位時間と死亡リスクについて 2.座位時間と活動時間が死亡リスクとの関連について調査 3.座っている時間(1時間あたり2分間)を軽い運動にすると死亡リスクが減少 背景 一般の会社員では、デスクワークが多いです。長時間座位でいることで活動量が減り、死亡リスクが上が...

    続きを読む

  • 2019.02.23

    コイル塞栓術とクリッピング術はどちらの方が予後が良いか

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.頭蓋内の動脈瘤に対する手術について 2.コイル塞栓術実施群とクリッピング術実施群で、麻痺の状態、生存率に違いがあるかを調査 3.コイル塞栓術実施群の方が、麻痺の機能や10年生存率が良い 背景 頭蓋内の動脈瘤はクモ膜下出血など大きな病期を引き起こす原因となります。...

    続きを読む

  • 2019.02.22

    肩関節周囲炎はどんな運動で痛みと関節可動域を改善できる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.肩関節周囲炎と運動療法について 2.肩甲上腕関節と肩甲胸郭関節の運動は痛みと関節可動域を改善できるかを調査 3.肩甲上腕関節と肩甲胸郭関節の組み合わせた運動を実施すると、肩甲上腕関節のみ運動よりも痛みと関節可動域が改善する 背景 肩関節周囲炎では、肩関節に痛みと...

    続きを読む

  • 2019.02.21

    両手を使ったトレーニングで脳卒中片麻痺は改善する?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.両手を使ったトレーニングについて 2.両手を使ったトレーニングの種類とその効果について検証 3.両手を使ったトレーニングでは、リズミカルな音刺激を用いて運動するものや電気刺激を併用した運動が効果的 背景 脳卒中片麻痺患者に対するリハビリは、これまでもいくつか報告...

    続きを読む