• 2021.04.30

    有酸素運動でより内臓脂肪を減少できる方法とは?

    リハデミー編集部

    背景 肥満は心疾患や脳血管を引き起こす要因となります。肥満を改善するには有酸素運動が用いられますが、どのような方法がより内臓脂肪量を減少させることができるのでしょうか。 今回、肥満患者を対象に、運動において低負荷高頻度群、高負荷低頻度群、低負荷低頻度、プラセボ群を比較し、内臓脂肪量の減少の...

    続きを読む

  • 2021.04.29

    慢性期脳卒中患者の運動負荷は高い方がよい

    リハデミー編集部

    背景 慢性期の脳卒中患者において、運動の耐久性を改善する方法として運動負荷を高くして行う方法と低くする方法があります。どちらの方がより歩行能力を改善することができるのでしょうか。 今回、慢性期の脳卒中患者を対象に、運動負荷量の高い群と低い群を比較し、歩行能力の改善の違いを調査しました。...

    続きを読む

  • 2021.04.28

    親への指導で変形性斜頭症の進行を予防できる?

    リハデミー編集部

    背景 変形性斜頭症(DP:Deformational Plagiocephaly)は、新生児のころから頭部の形が変形する病気です。変形が起こることで発達が阻害される可能性が言われています。この変形性斜頭症を予防するために、ヘルメットの装着や親に対し子どもの環境指導が行われます。親への指導で予防することができるのでしょうか。...

    続きを読む

  • 2021.04.27

    座りがちな関節疾患患者へのヨガの効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 関節疾患をもつ患者は、痛みや動きにくさから活動量が低下しやすいです。治療は、リハビリ以外にヨガなどが行われることがあります。ヨガを行うことでどのような効果があるのでしょうか。  今回、関節リウマチまたは変形性膝関節症患者を対象に、1回60分のレッスンを週2回、自宅で週1回ヨガを行った...

    続きを読む

  • 2021.04.26

    脳卒中患者に対する退院後のリハビリの効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 入院中はリハビリを行う機会が設定されていますが、退院後にもリハビリを行うことでどのような効果があるのでしょうか。 今回、脳卒中患者を対象に、入院中にリハビリを受けた後、退院後に在宅でリハビリを4週間行った群と行わなかった群を比較し、障害度や生活の質を調査しました。 ...

    続きを読む

  • 2021.04.25

    COPD患者へのウォーキングで疲労度は改善できる?

    リハデミー編集部

    背景 慢性閉塞性肺疾患(COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)患者へのリハビリには有酸素運動が大切です。週に3回ウォーキングを8週間行うことで疲労度を改善することができるのでしょうか。 今回、COPD患者を対象に、ウォーキングを行った群と非介...

    続きを読む

  • 2021.04.24

    不安定な靴を履くことで看護師の腰痛を改善できる?

    リハデミー編集部

    背景 腰痛を改善する方法として、足底面が不安定になるように作成された靴を用いることがあります。この不安定な靴を最低週36時間以上履くことで腰痛を改善することができるのでしょうか。 今回、看護師を対象に、不安定な靴を履いた群と通常の靴を履いた群を比較し、腰痛の状態や痛みが改善するか調査しまし...

    続きを読む

  • 2021.04.23

    頚部痛のある患者への振動療法で痛みが改善?

    リハデミー編集部

    背景 慢性的に頚部に痛みのある患者において、位置感覚異常が引き起こされることが言われています。位置感覚異常に対し、リハビリでは、振動療法や運動イメージを用いることがあります。振動療法や運動イメージで位置感覚を改善することができるのでしょうか。 今回、慢性的な頚部痛のある患者を対象に、振動療...

    続きを読む