• 2019.02.20

    スマートフォンでの血圧測定は正確?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.スマートフォンアプリの血圧測定について 2.スマートフォンアプリによる血圧測定の正確性を調査 3.アプリの血圧と血圧計の血圧には差がある 背景 血圧は、健常者から脳卒中患者や循環器疾患の患者などの患者まで、簡便に測定できる健康の管理方法です。近年では、スマートフ...

    続きを読む

  • 2019.01.27

    70歳以上の心不全患者でも運動療法は適応?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.心疾患患者の論文は、70歳は対象となっていない論文が多い 2.間欠的有酸素トレーニングと中等度持久的トレーニングの運動効果を比較 3.間欠的有酸素トレーニング群の方が、心肺機能の改善が認めらえた   背景 これまでの心不全患者に対する運動療法の効果...

    続きを読む

  • 2018.12.17

    急激な呼吸機能の低下は、将来の心疾患リスクを高める?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 心疾患の発症リスクについて 2. 呼吸機能を評価し、心疾患の発症リスクを調査 3. 急激な呼吸機能の低下は、心不全のリスクを高める   背景 心疾患を発症するリスクとして、喫煙や運動不足などの生活習慣、糖尿病や高血圧などの疾患が関係することが知ら...

    続きを読む

  • 2018.12.10

    運動習慣がある人の心疾患リスクを予想する方法とは?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.運動と心疾患のリスクについて 2.運動を頻繁に行っている人に対し、心疾患のスクリーニングテストを実施 3.運動をしている者でも心疾患になるリスクはある 背景 冠動脈疾患は、35歳以上のマスターズの選手において、心疾患による突然死の原因になることが知られています。...

    続きを読む

  • 2018.11.25

    スポーツによって心疾患の死亡リスクが異なる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.身体活動と心疾患の死亡リスクについて 2.6種類のスポーツへの参加と心疾患の死亡リスクを調査 3.ラケットを使ったスポーツに参加するとしない人と比べ心疾患での死亡リスクが0.44倍に 背景 運動によって、心疾患の脂肪リスクが減少することは知られていますが、身体活...

    続きを読む

  • 2018.11.15

    身体活動の高い人は死亡リスクが○○倍低くなる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.虚血性心疾患と死亡リスクについて 2.虚血性心疾患患者のBMI、身体的活動量が死亡と関連するかを調査 3.身体活動の高い人は死亡リスクが0.64倍減少する   背景 虚血性心疾患患者に対する、死亡リスクを低くするために、運動をすることや健康的な体重にする...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    タバコは1日1本でも健康に被害を及ぼすか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.禁煙をしなくてもタバコの量を減らせば大丈夫?  2.1日の喫煙量と心血管疾患の発症リスクとの関係について調査 3.1日1本でも心血管疾患の発症リスクが高い   背景 喫煙が、脳卒中や冠動脈疾患など心血管疾患のリスクを高めることは、周知の事...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    「お酒の飲み過ぎ」は何杯からリスクがあるか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.お酒の飲み過ぎが健康に与える影響 2.アルコールの摂取量と死亡および心血管疾患疾患の発症リスクを調査 3.お酒は週○杯まで!最も死亡リスクが低い摂取量とは    背景 アルコールの摂取は、高血圧や脳卒中などの要因と言われています。脳卒中な...

    続きを読む