• 2021.04.19

    冠状動脈疾患患者に対する効果的な有酸素運動の強さとは?

    リハデミー編集部

    背景 冠状動脈疾患患者に対し、有酸素運動を行うことで心肺機能を改善できることが言われています。どの程度の運動負荷で行うとより心肺機能を改善できるのでしょうか。 今回、冠状動脈疾患患者を対象に、低・中・高負荷の有酸素運動3群を比較し、心肺機能の改善を調査しました。 &nb...

    続きを読む

  • 2021.04.17

    冠状動脈疾患患者への遠隔リハビリの効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 冠状動脈疾患患者に対し、身体活動の指標である最大酸素摂取量を増やしていくことが大切です。その方法として、モーションセンサーを装着してもらい、遠隔にて歩数を確認し、目標を上げていく遠隔リハビリがあります。遠隔リハビリで最大酸素摂取量や再入院の割合を改善することができるのでしょうか。 今回、冠状動脈疾患患者に対し、遠隔リハビリを行った群...

    続きを読む

  • 2021.03.25

    冠状動脈疾患に対する遠隔リハビリと外来リハビリの効果の違いとは?

    リハデミー編集部

    背景 冠状動脈疾患患者の退院後の支援として、遠隔でリハビリを行う、外来でリハビリを行う方法があります。遠隔でリハビリを行った場合と外来でリハビリを行った場合で、どのような違いがあるのでしょうか。 今回、過去の論文をまとめて、冠状動脈疾患患者を対象に、遠隔でリハビリを行った場合と外来でリハビリを行った場合で、運動能力や運動の耐久性、生活の質...

    続きを読む

  • 2021.03.07

    左室補助人工心臓をもつ患者に対する心臓リハビリの効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 重症の心不全患者に対する治療として、植込型左室補助人工心臓(LVAD:Left Ventricular Assist Device)があります。 この植込型左室補助人工心臓の治療を受けた患者において、心臓リハビリを行うことで 心肺機能や運動機能を改善することができるのでしょうか。 ...

    続きを読む

  • 2021.02.15

    冠動脈疾患患者におけるインターバルトレーニングと持続的運動の違いとは?

    リハデミー編集部

    背景 冠動脈疾患患者への運動療法に、インターバルを入れて行う方法や持続的に行う方法があります。 どちらの方がより心肺機能を改善することができるのでしょうか。 冠動脈疾患患者を対象に、インターバルを入れて運動を行った群と持続的な運動を行った群を比較した 過去の論文をまとめて心肺機能の改善に...

    続きを読む

  • 2021.02.06

    冠状動脈疾患患者への低負荷/高頻度抵抗トレーニングの効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 冠状動脈疾患患者へのトレーニング方法の1つに 低負荷の抵抗運動を高頻度で反復して行う方法や高負荷、低頻度で反復して行う方法があります。 低負荷の抵抗運動を高頻度で反復して行った場合、心肺機能を改善することができるのでしょうか。 今回、冠状動脈疾患患者を対象に、低負荷...

    続きを読む

  • 2021.01.26

    慢性心不全患者への遠隔リハビリと外来リハビリとの違いとは?

    リハデミー編集部

    背景 症状の安定した慢性心不全患者に対するリハビリの提供方法に、テレビ電話を使って行う遠隔リハビリがありま...

    続きを読む

  • 2021.01.25

    慢性心不全患者への遠隔リハビリと外来リハビリとの違いとは?

    リハデミー編集部

    背景 症状の安定した慢性心不全患者に対するリハビリの提供方法に、テレビ電話を使って行う遠隔リハビリがありま...

    続きを読む