• 2019.03.22

    COPDを合併した肺がん患者は術前の呼吸リハビリが大切

    リハデミー編集部

    記事のポイント ...

    続きを読む

  • 2019.03.18

    慢性腎臓病患者に対する運動療法にはどんな効果がある?

    リハデミー編集部

    記事のポイント ...

    続きを読む

  • 2019.03.17

    心臓リハビリは在宅で行っても心機能を改善できる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.心臓リハビリについて 2.過去の論文から、在宅で心臓リハビリを行った場合と、施設で行った場合で死亡リスクやQOLに違いがあるか調査 3.在宅で心臓リハビリを行った場合と、施設で行った場合で死亡率やQOLに違いは認められず   背景 心臓リハビリは、...

    続きを読む

  • 2019.03.03

    肺がん患者のうつ症状は運動療法で改善できる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.がん患者とうつについて 2.運動療法実施群と通常のリハビリ実施群で比較 3.運動療法実施群で不安と抑うつ症状の改善が認められた 背景 がん患者の直面する心理状況として抑うつ症状が挙げられます。うつ症状が出ると、生命予後を悪化させるなど、大きな問題となります。うつ...

    続きを読む

  • 2019.02.19

    スマートフォンでの血圧測定は正確?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.スマートフォンアプリの血圧測定について 2.スマートフォンアプリによる血圧測定の正確性を調査 3.アプリの血圧と血圧計の血圧には差がある 背景 血圧は、健常者から脳卒中患者や循環器疾患の患者などの患者まで、簡便に測定できる健康の管理方法です。近年では、スマートフ...

    続きを読む

  • 2019.01.27

    70歳以上の心不全患者でも運動療法は適応?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.心疾患患者の論文は、70歳は対象となっていない論文が多い 2.間欠的有酸素トレーニングと中等度持久的トレーニングの運動効果を比較 3.間欠的有酸素トレーニング群の方が、心肺機能の改善が認めらえた   背景 これまでの心不全患者に対する運動療法の効果...

    続きを読む

  • 2018.12.17

    急激な呼吸機能の低下は、将来の心疾患リスクを高める?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 心疾患の発症リスクについて 2. 呼吸機能を評価し、心疾患の発症リスクを調査 3. 急激な呼吸機能の低下は、心不全のリスクを高める   背景 心疾患を発症するリスクとして、喫煙や運動不足などの生活習慣、糖尿病や高血圧などの疾患が関係することが知ら...

    続きを読む

  • 2018.12.10

    運動習慣がある人の心疾患リスクを予想する方法とは?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.運動と心疾患のリスクについて 2.運動を頻繁に行っている人に対し、心疾患のスクリーニングテストを実施 3.運動をしている者でも心疾患になるリスクはある 背景 冠動脈疾患は、35歳以上のマスターズの選手において、心疾患による突然死の原因になることが知られています。...

    続きを読む