• 2019.02.05

    筋力増強するためのトレーニングには「頻度」が重要ではない?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.筋力増強を目的としたトレーニングについて 2.筋力トレーニングにおいて、運動負荷量を同じ程度にした上で頻度による筋力の変化を比較 3.筋力トレーニングにおいて頻度による有意な差は認められず   背景   筋力増強を目的としたトレーニング(...

    続きを読む

  • 2019.02.04

    膝の手術後は、電気刺激をした方が良い?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.神経筋電気刺激療法(Neuro Muscular Electrical Stimulation:NMES)とは? 2.術後早期のNMESが、通常の運動療法よりも下肢筋力やバランス能力が向上するかを調査 3.NMESを行った群では、下肢筋力やバランス能力が向上する   背...

    続きを読む

  • 2018.12.29

    実際の環境下での訓練は歩行能力の向上がどのくらい持続する?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.実際の環境下での歩行練習の重要性について 2.過去の論文から、実際の環境下でのリハビリで歩行能力が向上するかを検証 3.実際の環境下での歩行練習は歩行能力の向上が認められ、3~6か月効果は持続する   背景 入院患者の歩行練習を行うとき、地域での生...

    続きを読む

  • 2018.12.25

    変形性膝関節症になりやすいスポーツってどんなスポーツ?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.スポーツには変形性膝関節症になるリスクは高い 2.スポーツと変形性関節症の関連を調査 3.サッカー、アイスホッケー、テニスで変形性関節症になるリスクが高い   背景 スポーツで活躍している選手は、変形性関節症になるリスクが高い状態にあります。様々な...

    続きを読む

  • 2018.12.22

    前十字靱帯再建術後は遠心性収縮を伴う運動が大切?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.前十字靱帯再建術後の経過について 2.前十字靱帯再建術後患者に対し、標準的なリハビリと遠心性収縮を伴う運動を比較 3.遠心性収縮を伴う運動の方が大腿四頭筋の筋量、最大筋力、片脚跳躍距離で効果がある 背景 膝の前十字靱帯を損傷し、再建術を行った場合、術後3週で大腿...

    続きを読む

  • 2018.12.04

    変形性膝関節症、体重を減らせば本当に痛みが軽減するか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.肥満と変形性膝関節症 2.体重の減少と変形性膝関節症による痛みが関係について検証 3.体重減少が20%以上の群で痛みが軽減する 背景 変形性膝関節症患者は、高齢者や肥満の人でなりやすいと言われています。保存療法として、患者へ体重を減らすよう指示することも多いと思...

    続きを読む

  • 2018.12.02

    〇〇を損傷していると前十字靭帯再建後の状態が悪い?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.前十字靭帯損傷はコンタクトスポーツで起こりやすい 2.前十字靭帯再建から3年後の状態を調査 3.膝蓋大腿関節軟骨を損傷していると3年後の状態が悪い 背景 前十字靭帯の損傷はコンタクトスポーツやバスケットボールなどで起こりやすい障害です。前十字靭帯損傷に対する治療...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    雨が降ると関節が痛む、は本当か?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.雨の日の関節痛による受診割合を調査 2.雨の日とそれ以外の日で受診割合は大きく変わらない 3.雨と関節痛は本当に関係ないか?今回の結果の背景について解説   背景 患者の中には「雨が降ると関節が痛む」と訴える人も多いのではないでしょうか。雨で関節が痛むの...

    続きを読む