• 2020.07.01

    慢性脳卒中患者における高強度インターバルトレーニングの効果

    リハデミー編集部

    背景 高強度インターバルトレーニングは、地域高齢者や整形外科疾患患者を対象として、エビデンスとなる論文が発表されています。他方、脳卒中患者とりわけ慢性期の患者ではあまり見られないという理由から、今回の著者らは研究を実施したそうです。 別々の高強度トレーニング3種類を実施 ...

    続きを読む

  • 2020.06.16

    オイルダンパーを使用した足関節装具の効果とは

    リハデミー編集部

    背景  脳卒中患者に対する足関節装具は、固定を目的にしたものだけでなく、歩行を補助する機能が付いているものもあります。この研究は、慢性期の脳卒中患者を対象に、オイルダンパーを使用した足関節装具が歩容に与える影響を調査しました。 慢性期脳卒中患者を対象に検証 この研究...

    続きを読む

  • 2020.06.11

    脳卒中者と介護者にとって身体活動の意義とは

    リハデミー編集部

    背景  身体活動は、脳卒中後の身体機能や生活の質を改善します。しかしながら、自宅へ退院した脳卒中患者は身体活動量が下がることが言われており、なかなか自身で運動を行えないことも多いでしょう。脳卒中者や介護者は、身体活動を向上させることにどのような意義があると考えているでしょうか。この研究では、地域在住の脳卒中者と介護者を対象に、身...

    続きを読む

  • 2020.06.07

    自宅退院した脳卒中患者が感じていることとは

    リハデミー編集部

    背景 脳卒中後に自宅復帰することは、新しい生活条件に順応するのに苦労し、患者にとって困難な経験となることもあります。実際に患者はどのようなことを感じているのでしょうか。この研究は、リハビリテーション病院から退院して3か月後の脳卒中生存者の経験をインタビュー調査にて聞き取りました。 退院後3ヶ月の脳卒中患者を...

    続きを読む

  • 2020.06.02

    自宅でのVR運動における障壁とは

    リハデミー編集部

    背景  近年、脳卒中患者を対象にしたバーチャルリアリティ(virtual reality)での運動の効果が報告されています。多くは病院や施設で行いますが、自宅でのトレーニングで有用性はあるでしょうか。この研究は、手指の運動をゲームとして行うVRを自宅に置き、使用する際の障壁を調査しました。 ...

    続きを読む

  • 2020.05.16

    上肢の運動能力と社会への参加は関連しない?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.上肢の運動能力を改善する方法にCI療法がある 2.社会への参加度は、上肢の運動能力、手の活動能力と関連があるか調査 3.社会への参加度は、上肢の運動能力、手の活動能力と関連しない可能性がある 背景 上肢に麻痺があること...

    続きを読む

  • 2020.05.14

    経頭蓋直流電気刺激で、感覚障害が改善する?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中後の感覚障害へのリハビリに、経頭蓋直流電気刺激がある 2.経頭蓋直流電気刺激を一次、二次体性感覚野(S1、2)領域にそれぞれ行うことで感覚が改善するか調査 3.一次、二次体性感覚野(S1、2)領域へ経頭蓋直流電気刺激を行うことで感覚が改善 背景...

    続きを読む

  • 2020.05.06

    ミラーセラピーや運動イメージを行うことで、痛みが改善?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.痛みを改善する方法に、運動や認知的な介入がある 2.過去の論文をまとめて、ミラーセラピーや運動イメージで痛みが改善するか調査 3.ミラーセラピーや運動イメージを行うことで、痛みや身体機能が改善  背景 運動や...

    続きを読む