• 2021.07.14

    COPD患者への高周波振動刺激で呼吸困難度が改善できる?

    リハデミー編集部

    背景 高周波振動刺激は、肺胞の換気運動を抑えてガス交換や分泌物の遊離を促進する効果があると言われています。 慢性閉塞性肺疾患(COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)患者に対し、高周波振動刺激を行うことで、 呼吸機能や呼吸困難度を改善することができるでしょ...

    続きを読む

  • 2021.06.30

    COPD患者の睡眠の質と身体機能は関連する?

    リハデミー編集部

    背景 慢性閉塞性肺疾患(COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)において、夜間の息苦しさなどの原因により睡眠の質が不良となる人がいます。 睡眠の質が不良の場合、心身機能へどのような影響を及ぼすのでしょうか。今回、COPD患者を対象に、睡眠の質が良好なグループと不良のグル...

    続きを読む

  • 2021.06.15

    医療者の中でCOPDと呼吸リハビリの知識レベルが高い人は〇〇?

    リハデミー編集部

    背景 慢性閉塞性肺疾患(COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)において、呼吸リハビリや病気の知識を患者自身が理解することも大切ですが、 医療者は、十分に情報を提供できているでしょうか。 今回、COPDに関わる医療者を対象に、COPDと呼吸リハビリの知識を...

    続きを読む

  • 2021.06.13

    COPD患者に対する自己管理支援で増悪が予防できるか

    リハデミー編集部

    背景 慢性閉塞性肺疾患(COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)患者への退院時の指導として 患者自身で病気が増悪しないように自己管理を支援していくことがあります。患者の自己管理で病気の増悪を予防できるでしょうか。 今回、過去の論文をまとめ、COPD患者に対...

    続きを読む

  • 2021.06.10

    認知行動療法で、呼吸困難を改善できる?

    リハデミー編集部

    背景 慢性閉塞性肺疾患(COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)患者の呼吸困難は、心理面も関連することが言われています。 認知行動療法を行うことで呼吸困難を改善することができるでしょうか。 今回、COPD患者を対象に、認知行動療法を行った群と通常ケアを行っ...

    続きを読む

  • 2021.05.27

    COPD患者に対し、息切れ時の対応マニュアルを使うことで受診回数が減る?

    リハデミー編集部

    背景 慢性閉塞性肺疾患(COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は、呼吸困難を繰り返すことが多く、 呼吸困難にならないよう対応することが大切です。息切れ時のマニュアルを用いて指導を行うことで、患者が呼吸困難となる回数を減らすことができるでしょうか。 今回、...

    続きを読む

  • 2021.05.07

    COPD患者の型の違いによる影響とは?

    リハデミー編集部

    背景 慢性閉塞性肺疾患(COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は、肺気腫型、末梢気管支病変型の2つに分けられます。それぞれの型により、呼吸リハビリの効果に違いがあるのでしょうか。 今回、COPD患者を対象に、肺気腫型のグループ、末梢気管支病変...

    続きを読む

  • 2021.05.05

    COPD患者に対するノルディックウォーキングの効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 ノルディックウォーキングの効果として、健常成人では、最大酸素摂取量や歩行能力が向上することが言われています。慢性閉塞性肺疾患(COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)を対象とした場合でも、同様の結果が得られるのでしょうか。 今回、COPD...

    続きを読む