• 2018.11.26

    うつ病の予防、運動時間はどれくらい必要か?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.うつ病の治療方法について 2.うつ病の予防ができる運動頻度を調査 3.毎週少なくとも1時間の身体活動でうつ病を予防可能 背景 うつ病を予防する方法として、生活習慣の改善や定期的な運動の効果が報告されています。運動をすることが予防に効果的であることは知っていても、...

    続きを読む

  • 2018.11.16

    自閉症患者がうつ病になるリスクは○倍!?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.自閉症とコミュニケーションについて 2.自閉症患者がうつ病を発症するリスクを調査 3.自閉症患者は健常者と比べうつ病になるリスクが○倍   背景 自閉症では、先天的な原因から対人関係やコミュニケーション能力が苦手となる傾向があります。この問題から社...

    続きを読む

  • 2018.11.14

    統合失調症患者に対する有酸素運動は認知機能の改善に有効か?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.統合失調症に対する非薬物療法について 2.過去の論文から統合失調症患者における有酸素運動の効果を調査 3.有酸素運動は認知機能を改善   背景 統合失調症は、認知機能が低下し、生活や社会活動に支障をきたすことがわかっています。統合失調症患者に対する...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    認知症の発症に関わる意外な要因とは!?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.日本の認知症患者は○○人!予防するために知っておくべきこととは 2.ある意外な要因と認知症の発症リスクについて調査 3. 〇〇は認知症の発症リスクを増加させる   背景 日本において、65歳以上の認知症の患者数は、2012年時点で約462万人であり...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    脳卒中後に自殺を図った人、その傾向とは?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中後のうつ、自殺について知っていますか 2.脳卒中後自殺を図った人の特徴を調査 3.自殺率は一般の約2倍!その特徴を説明します   背景 脳卒中になると、麻痺による身体機能の低下や日常生活能力の低下により、今まで通りの生活が行えなくなります。突...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    インターネット上の治療でうつ症状が改善する?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.多発性硬化症とうつの関係について説明!  2.多発性硬化症患者に対し、インターネット上で認知行動療法を実施 3.インターネット上の治療でうつ症状が改善する   背景 多発性硬化症の患者がうつになりやすいことを知っていますか?多発性硬化症の...

    続きを読む

  • 2018.09.29

    患者の〇〇が低いと配偶者の抑うつ症状が高い?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中患者と介護者のうつ症状について 2.脳卒中患者と配偶者の性格やうつ症状を調査 3.患者の自尊心は配偶者の抑うつ症状と関連する   背景 脳卒中患者は、脳の器質的な問題や、心因的な問題からうつ状態になる場合があります。このうつ状態は、脳卒中患者のみな...

    続きを読む

  • 2018.09.29

    脳卒中後うつには家族への介入も大切?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中後うつとは 2.過去の研究から脳卒中後うつ患者に対し家族向けの介入効果を検証 3.脳卒中後うつに対する家族向けの介入は効果がある?その介入の特徴は?   背景 脳卒中後うつは、脳卒中患者の約20%がかかるとも言われています。脳卒中後うつになる...

    続きを読む