• 2019.03.04

    Perturbation-trainingで転倒予防できる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.Perturbation-trainingってなに? 2.過去の論文から、転倒予防に効果があるかについて調査 3.転倒予防の効果が認められた 背景 高齢者に対する転倒予防において太極拳や研究独自に開発された運動プログラムといった様々な方法が検討されてきています。...

    続きを読む

  • 2019.01.13

    多発性硬化症患者の疲労改善にはどんな治療が効果的?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.疲労感を改善する方法、ECMとは 2.過去の論文から、多発性硬化症患者の疲労に対するECMの効果を検証 3.ECMにより疲労の軽減やQOLの向上がみられる   背景 多発性硬化症患者における症状の1つに、易疲労性が挙げられます。疲労を改善するための...

    続きを読む

  • 2018.12.07

    トレッドミルとVRの組み合わせは転倒を予防する?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.転倒を予防する方法 2.トレッドミルとVRを併用したトレーニングの効果を検証 3.トレッドミルとVRを合わせたトレーニングで転倒を予防する 背景 加齢に伴う運動機能の低下や、認知機能の低下は転倒リスクを高める要因となっています。転倒を予防する方法として、実際に障...

    続きを読む

  • 2018.11.28

    高齢者の転倒は太極拳で予防できる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.太極拳について 2.過去の論文から太極拳と転倒リスクの関連を調査 3.短期間であれば、転倒リスクを半減できる 背景 太極拳は、ゆっくりとした動きの中でバランスを保ちながら行う運動であることから、バランス能力を向上させ、転倒を予防する方法として報告されています。様...

    続きを読む

  • 2018.11.19

    転倒予防を開始するのは65歳以上では遅い?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.加齢と転倒について 2.中高年の転倒の発生を調査 3.65歳未満でも、3割の女性が転倒する 背景 高齢者の転倒は、加齢による筋力の低下やバランス能力の低下によって引き起こされます。これまでの研究では、高齢者における転倒予防の介入効果について報告されています。65...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    骨粗鬆症のスクリーニングで骨折を減らせるか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.高齢女性の骨折について  2.骨折リスクの評価と通常管理を比較し骨折のリスクを調査 3.スクリーニングによって大腿骨近位部の骨折リスクが減少   背景 高齢の女性は、骨密度が低下しちょっとしたけがでも骨折しやすくなります。骨粗鬆症を予防す...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    高齢者の転倒予防にはどの方法が効果的?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.過去の研究から高齢者の転倒を予防する方法の効果を比較 2.効果的な方法は運動とある方法の組み合わせ 3.患者の転倒の原因にも着目しよう   背景 高齢者の転倒は、加齢による筋力の低下、視力の低下、感覚障害など様々な要因によって引き起こされます。転倒予防教...

    続きを読む

  • 2018.09.29

    痛い!歩けない!間欠性跛行の患者に対し運動は減らすべき?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.間欠性跛行の代表的な疾患について 2.過去の研究をまとめ間欠性跛行に対する運動療法の効果を調査 3.運動療法を行うと痛みなく歩行できる距離が延長する!   背景 間欠性跛行は、歩行中に腰や足にしびれや痛みが生じ、歩行が困難になる障害のことです。脊柱管狭窄...

    続きを読む