• 2019.01.20

    更年期障害で睡眠時無呼吸症候群のリスクが増える?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.更年期障害の症状について 2.更年期障害と睡眠時無呼吸症候群との関係を調査 3.更年期症状が重度だと睡眠時無呼吸症候群のリスクが高い 背景 更年期障害は、中年の女性にみられる疾患で、急に顔がほてる、汗をかくなどの症状が報告されています。更年期障害というと、患者の...

    続きを読む

  • 2019.01.09

    ALS患者に対する抵抗運動は筋萎縮するのか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.ALS患者への運動療法について 2.軽度~中等度の筋力低下のあるALS患者に対し、抵抗運動を行い効果を検証 3.抵抗運動を行っても、症状、QOL、肺活量の低下を抑制することができる   背景 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者に対する、運動療法として...

    続きを読む

  • 2019.01.07

    がん患者に対する運動療法で倦怠感は改善できるか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.がん患者に対する運動療法について 2.重症化したがん患者に対する運動療法の効果を検証 3.倦怠感の改善は認められなかったが、身体機能は一部向上した   背景 これまでの研究で、がん患者に対する運動療法の効果として、倦怠感の軽減や身体機能が向上すると...

    続きを読む

  • 2018.12.17

    急激な呼吸機能の低下は、将来の心疾患リスクを高める?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 心疾患の発症リスクについて 2. 呼吸機能を評価し、心疾患の発症リスクを調査 3. 急激な呼吸機能の低下は、心不全のリスクを高める   背景 心疾患を発症するリスクとして、喫煙や運動不足などの生活習慣、糖尿病や高血圧などの疾患が関係することが知ら...

    続きを読む

  • 2018.11.08

    睡眠時無呼吸症候群は、〇〇を使用すると脳卒中になりにくい?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.睡眠時無呼吸症候群の合併症 2.睡眠時無呼吸症候群の女性に対し、持続気道陽圧(CPAP)療法を実施 3.持続気道陽圧(CPAP)療法は脳卒中や心血管疾患のリスクを軽減する 背景 睡眠時無呼吸症候群は、高血圧や、心筋梗塞などの循環器疾患の発症率が高いことが知られています。なかでも...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    タバコは1日1本でも健康に被害を及ぼすか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.禁煙をしなくてもタバコの量を減らせば大丈夫?  2.1日の喫煙量と心血管疾患の発症リスクとの関係について調査 3.1日1本でも心血管疾患の発症リスクが高い   背景 喫煙が、脳卒中や冠動脈疾患など心血管疾患のリスクを高めることは、周知の事...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    COPD患者は行動計画を立てることで生活の質が改善するか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.COPDの特徴と治療について 2.過去の研究からCOPD患者に対する自己管理の効果を検証 3.自己管理プログラムによって健康関連QOLが改善する   背景 日本において、慢性閉塞性肺疾患(COPD:chronic obstructive pulmo...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    運動でがんを予防できる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.運動によるがんの予防効果を検証 2.強度の高い運動を続けるとがんのリスクが減少する 3.過去の研究をもとに、患者に必要な運動量を提示できるようになろう   背景 運動を続けることで、健康に良い影響を与えることは広く知られるようになってきました。例え...

    続きを読む