• 2019.03.19

    簡易的に行える嚥下評価で最も感度の高いものはなに?

    リハデミー編集部

    記事のポイント ...

    続きを読む

  • 2019.03.15

    乳癌手術後のリンパ浮腫は早期のリハビリで予防可能か

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.乳房手術後のリンパ浮腫について 2.早期理学療法実施群と、患者教育のみの群に分けて調査 3.早期理学療法実施群では、リンパ浮腫を発症リスクを下げることができる 背景 乳がん患者に対し、腋窩リンパ節郭清を伴う乳房手術を行うと、術側上肢にリンパ浮腫が発症し、日常生活にも影響がでるこ...

    続きを読む

  • 2019.02.27

    アルツハイマー型認知症を増悪させる要因とは?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.認知症について 2.認知症状と重症度、死亡との関連を調査 3.精神疾患、興奮性/攻撃性、認知症状の内4つ以上当てはまる症状がある場合に認知症の進行が早い 背景 認知症は進行していく病気です。認知症について予防の論文は数多く出ていますが、認知症を悪化させる要因はど...

    続きを読む

  • 2019.02.24

    長時間の座位中に、軽い運動を入れるだけで死亡リスクを下げられる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.座位時間と死亡リスクについて 2.座位時間と活動時間が死亡リスクとの関連について調査 3.座っている時間(1時間あたり2分間)を軽い運動にすると死亡リスクが減少 背景 一般の会社員では、デスクワークが多いです。長時間座位でいることで活動量が減り、死亡リスクが上が...

    続きを読む

  • 2019.01.20

    更年期障害で睡眠時無呼吸症候群のリスクが増える?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.更年期障害の症状について 2.更年期障害と睡眠時無呼吸症候群との関係を調査 3.更年期症状が重度だと睡眠時無呼吸症候群のリスクが高い 背景 更年期障害は、中年の女性にみられる疾患で、急に顔がほてる、汗をかくなどの症状が報告されています。更年期障害というと、患者の...

    続きを読む

  • 2019.01.09

    ALS患者に対する抵抗運動は筋萎縮するのか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.ALS患者への運動療法について 2.軽度~中等度の筋力低下のあるALS患者に対し、抵抗運動を行い効果を検証 3.抵抗運動を行っても、症状、QOL、肺活量の低下を抑制することができる   背景 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者に対する、運動療法として...

    続きを読む

  • 2019.01.07

    がん患者に対する運動療法で倦怠感は改善できるか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.がん患者に対する運動療法について 2.重症化したがん患者に対する運動療法の効果を検証 3.倦怠感の改善は認められなかったが、身体機能は一部向上した   背景 これまでの研究で、がん患者に対する運動療法の効果として、倦怠感の軽減や身体機能が向上すると...

    続きを読む

  • 2018.12.17

    急激な呼吸機能の低下は、将来の心疾患リスクを高める?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 心疾患の発症リスクについて 2. 呼吸機能を評価し、心疾患の発症リスクを調査 3. 急激な呼吸機能の低下は、心不全のリスクを高める   背景 心疾患を発症するリスクとして、喫煙や運動不足などの生活習慣、糖尿病や高血圧などの疾患が関係することが知ら...

    続きを読む