• 2021.04.28

    親への指導で変形性斜頭症の進行を予防できる?

    リハデミー編集部

    背景 変形性斜頭症(DP:Deformational Plagiocephaly)は、新生児のころから頭部の形が変形する病気です。変形が起こることで発達が阻害される可能性が言われています。この変形性斜頭症を予防するために、ヘルメットの装着や親に対し子どもの環境指導が行われます。親への指導で予防することができるのでしょうか。...

    続きを読む

  • 2021.02.23

    脳性麻痺児へのリハビリは、運動機能と知的機能を改善できる?

    リハデミー編集部

    背景 脳性麻痺児へのリハビリにおいて、理学療法士だけの介入だけでなく 医師や看護師と一緒に運動療法や患者教育を行っていく包括的なリハビリがあります。 包括的リハビリを行うことで運動機能や知的機能は改善するのでしょうか。 今回、脳性麻痺児を対象に、包括的リハビリを3ヶ月間実...

    続きを読む

  • 2021.02.08

    片麻痺の脳性麻痺児に対する後ろ歩きの練習の効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 バランス能力を改善する方法に後ろ歩きがあります。 痙直型片麻痺の脳性麻痺児に対しても同様にバランス能力を改善することがでるのでしょうか。 今回、痙直型片麻痺の脳性麻痺児を対象に、従来のリハビリに加えて後ろ歩き練習群と従来のリハビリ群を比較し バランス能力を調査しました。 ...

    続きを読む

  • 2020.10.29

    アレルギー性疾患を持つ小児の両親の睡眠の質とは

    リハデミー編集部

    背景 アレルギー疾患の小児は、睡眠障害を伴うことがあり、生活の質を低下させることがあります。また小児疾患の...

    続きを読む

  • 2020.09.19

    脳性麻痺児に対するインソール療法はバランス能力を改善するか

    リハデミー編集部

    背景 脳性麻痺など筋の低緊張を伴う疾患では、成長による体重の増加で、足部の変形が生じる場合があります。この研究では、脳性麻痺児を対象にインソールを装着した場合の歩行やバランス能力を評価しました。 4〜12歳の脳性麻痺児を対象に検証 この研究は、4〜12歳の脳性麻痺児...

    続きを読む

  • 2020.09.11

    若年の脳性麻痺患者に対する心血管系トレーニングの効果

    リハデミー編集部

    背景 思春期、青年期の脳性麻痺患者は、身体機能の低下や活動量の低下が懸念されています。この研究では、脳性麻痺の若年者を対象に、インターネットゲームとサイクリングを組み合わせた心血管系のフィットネスを実施した場合の効果について検証しました。 脳性麻痺の若年者を対象に検証 ...

    続きを読む

  • 2020.08.29

    脳性麻痺児の痙性は全身振動刺激で改善するか

    リハデミー編集部

    背景 全身振動刺激は、一定の周波数でプレートを振動させ、その上に立位や座位をとることでトレーニングする方法です。全身振動刺激の効果は、下肢の筋力増強や脳卒中患者に対する痙縮の抑制もうたわれています。この研究は、脳性麻痺児を対象に、全身振動刺激を行った場合の筋緊張や関節可動域の変化を調査しました。 脳性麻痺児...

    続きを読む

  • 2020.08.14

    両手を集中的に使った練習で上肢機能が向上する?

    リハデミー編集部

    背景 脳性麻痺患者の上肢操作において、日常生活では左右の上肢を別々に動かす動作も重要となります。例えば、ボタンを留める、飲み物をコップに注ぐなどがあります。この研究では脳性麻痺の小児を対象に上肢と手指の両手集中練習が上肢機能に及ぼす影響について調査しました。 脳性麻痺の小児24名を対象に検証 ...

    続きを読む