• 2021.05.27

    COPD患者に対し、息切れ時の対応マニュアルを使うことで受診回数が減る?

    リハデミー編集部

    背景 慢性閉塞性肺疾患(COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は、呼吸困難を繰り返すことが多く、 呼吸困難にならないよう対応することが大切です。息切れ時のマニュアルを用いて指導を行うことで、患者が呼吸困難となる回数を減らすことができるでしょうか。 今回、...

    続きを読む

  • 2021.05.26

    小児喘息の症状改善に、水泳が効果的?

    リハデミー編集部

    背景 喘息を改善するには有酸素運動が大切です。有酸素運動の1つに、水泳がありますが、水泳で喘息症状を改善することができるのでしょうか。 今回、小児喘息患者を対象に、水泳を行った群と通常のケアを行った群を比較し、喘息の重症度が改善するか調査しました。 水泳を行った群と通常のケアを行った群を比較し...

    続きを読む

  • 2021.05.24

    脳卒中患者への活動量促進に加速度計が使える?

    リハデミー編集部

    背景 脳卒中患者の活動量を測定する方法として、加速度計が挙げられます。加速度計によって得られた活動量から、 患者と一緒に決定した目標をもとにフィードバックを行うことで患者の活動を促進することができるのでしょうか。 今回、介助なして歩行することができる脳卒中患者を対象に、加速度計から得られた活動量のフィ...

    続きを読む

  • 2021.04.17

    冠状動脈疾患患者への遠隔リハビリの効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 冠状動脈疾患患者に対し、身体活動の指標である最大酸素摂取量を増やしていくことが大切です。その方法として、モーションセンサーを装着してもらい、遠隔にて歩数を確認し、目標を上げていく遠隔リハビリがあります。遠隔リハビリで最大酸素摂取量や再入院の割合を改善することができるのでしょうか。 今回、冠状動脈疾患患者に対し、遠隔リハビリを行った群...

    続きを読む

  • 2021.04.16

    パーキンソン病患者への歩行練習はどのような方法がよい?

    リハデミー編集部

    背景 パーキンソン病患者に対し、視覚情報をもとにした歩行練習を行うことで歩行能力が改善すると言われています。歩行練習には、トレッドミルを使用した方法や、床上を歩く方法などがありますが、どの方法が視覚情報との組み合わせにより歩行能力を改善できるでしょうか。 今回、パーキンソン病患者に対し、歩行路にラインを引く視覚情報を加えて、トレッドミルを...

    続きを読む

  • 2021.04.15

    認知症患者に対するリハビリでより効果的な方法とは?

    リハデミー編集部

    背景 認知症患者に対するリハビリに、集団または個別で認知課題を行う方法や過去の記憶を思い出す回想法があります。この3つの方法のうち、より認知機能を改善できる方法はどれでしょうか。 今回、認知症患者を対象に、集団または個別で認知訓練群と回想法群、通常のケア群の4群を比較し、認知機能の状態を調査しました。 集団、個別で認...

    続きを読む

  • 2021.04.14

    腹圧性尿失禁のある女性への骨盤底筋エクササイズの効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 腹圧性尿失禁へのリハビリとして、骨盤底筋を意識した筋力トレーニングや呼吸法などからなる骨盤底筋エクササイズがあります。骨盤底筋エクササイズを行うことで尿失禁以外にどのような効果があるのでしょうか。 今回、腹圧性尿失禁のある女性を対象に、骨盤底筋エクササイズ群と非介入群を比較し、尿失禁の重症度や生活の質、自尊心が改善するか調査しました...

    続きを読む