• 2020.04.27

    急性期におけるConstraint-induced movement therapy

    講師 - 竹林崇 先生

    抄録 本コラムでは,脳卒中後の上肢麻痺に対するリハビリテーションの一つとして有名なConstraint-induced movement therapy(CI療法)の効果について,脳卒中発症後急性期といった病期や練習強度が結果に与える影響について論述する. 急性期のConstraint-induced moveme...

    続きを読む

  • 2020.04.26

    脳卒中後上肢麻痺に対して,ロボット療法と組み合わせるのは,Constraint-induced movement therapy(CI療法),両手動作練習のどちらが良いか?

    講師 - 竹林崇 先生

    抄録  近年,脳卒中後上肢麻痺に対する多くのランダム化比較試験が認められている.ただし,多くの研究が対照群に『通常のアプローチ』を設定しており,アプローチ間の比較検討が不十分な現状がある。本稿では,それらの一助となる異なった介入同士の比較について,解説を行う 脳卒中後の上肢麻痺に対する研究  2000年代初頭...

    続きを読む

  • 2020.04.25

    リモート環境における介護者を含むConstraint-induced movement therapy(CARE-CITE)の現状

    講師 - 竹林崇 先生

    抄録  感染症の拡大予防や医療費の圧迫,対象者の利便性といった様々な観点から,昨今リモート診療のニーズが高まっている.本稿では,脳卒中後の上肢麻痺に対するConstraint-induced movement therapyを取り巻くリモート関連の研究について紹介する. ...

    続きを読む

  • 2020.04.25

    脳卒中後上肢麻痺に対する作業療法の本質

    講師 - 竹林崇 先生

    抄録  近年,作業療法においてはOccupational Based Practiceという概念が台頭している.その中で,「作業療法は対象者の意味のある作業を獲得するための手段」といった考え方が一般的になりつつある.本項では,作業療法におけるConstraint-induced movement therapyの可能性について,解説を行う 作業療...

    続きを読む

  • 2020.04.05

    吉尾雅春先生インタビュー①:理学療法診療ガイドラインというスタンダード

    リハデミー編集部

    はじめに 藤本:神経理学療法学会と運動器は人数も多いですよね。学会として、エビデンスをもっと発信できるような場にしていきたいですよね。。今回、藤野さんなどの若手の人も入り、学術の人も入って来たのでよかったですよね。 吉尾:森岡さんとかね。 藤本:そうですね。学術は大畑先生もいらっしゃるのでいいですけれどもね。 ...

    続きを読む

  • 2020.04.05

    吉尾雅春先生インタビュー②:自己研鑽と若手セラピストの変化

    リハデミー編集部

    脳解剖学の広がり 藤本:脳の中をしっかりと見ようとする若手はけっこう増えていますよね。 吉尾:増えました、増えました。 藤本:先生のご尽力は相当だと思います。私も前に少しお話させていただきましたけれども、PTの1年目のときに初めて出た講習会が先生の講演でした。講演を聞いた時、大学で習ってきた解剖ってなんだったんだろうと思いました...

    続きを読む

  • 2020.04.05

    吉尾雅春先生インタビュー③:ガイドライン作成の苦難と新たな発見

    リハデミー編集部

    第1版から第2版へ 藤本:ありがとうございます。では次の質問にうつります。今、診療ガイドライン作成の真っ只中で、各作成班やシステマティックレビューなど、ご尽力いただいているところだと思います。先生から見て「診療ガイドライン作成の大変なところ」、と「こういう方法があったのかという新しい発見」などがあれば教えていただきたいと思います。 吉尾:そうですね...

    続きを読む

  • 2020.04.05

    吉尾雅春先生インタビュー④:今までの体制を見直し新たな教育の礎を築く

    リハデミー編集部

    変わりつつある臨床教育 吉尾:今年、神経理学療法学会の代表を辞めることになりましたが、病院では、まだ現役です。病院の副院長で法人の理事ですから定年がないんですよ。私は現場が大好きだから現場を見に行って、いろいろやったことをまとめて、皆さんにも提供しています。これから、そういうことやってくれる人たちがどんどん増えていくと、しっかりした突き上げになっていきますよね。彼等の...

    続きを読む