• 2020.06.01

    運動後のクールダウンとしての全身振動トレーニングの効果

    リハデミー編集部

    背景 スポーツ後の軽い運動は、筋肉痛や疲れを残さないために重要です。全身振動トレーニングは振動する板の上で姿勢を保持する方法で、筋力強化やリラクセーションといった効果がうたわれています。この研究は、アスリートを対象に、高強度トレーニング後の全身振動トレーニングの効果を調査しました。 アス...

    続きを読む

  • 2020.05.31

    MCIを伴う心不全患者のセルフケアに関連する要因とは

    リハデミー編集部

    背景  心不全患者は、生活習慣など自己管理が重要となりますが、患者に認知機能障害があるとセルフケアが難しくなり、再入院の可能性が高くなります。この研究では軽度認知症患者(mild cognitive impairment; MCI)を対象に患者のセルフケアに関連する要因を調査しました。 ...

    続きを読む

  • 2020.05.30

    TKA患者に対する術直後の歩行練習の効果

    リハデミー編集部

    背景  人工膝関節全置換術(Total Knee Arthroplasty; TKA)術後、早期の歩行練習は回復を促進することが言われています。この研究では、術後のリハビリプロトコルに手術当日に15分間の歩行を1回追加するだけで、TKA後の膝の痛みが軽減し、膝の機能が改善するか評価しました。 TKA術後患者...

    続きを読む

  • 2020.05.29

    骨粗鬆症の高齢者に対するバランストレーニングの効果

    リハデミー編集部

    背景 高齢者が転倒し骨折する背景として、骨粗鬆症が挙げられます。骨折により長期臥床を余儀なくされると、身体機能や日常生活活動能力の低下を引き起こします。この研究では、骨粗鬆症の高齢者を対象に、バランストレーニングが転倒に関する自己効力感へ及ぼす影響について調査しました。 骨粗鬆症の高齢者...

    続きを読む

  • 2020.05.28

    ハンチントン病患者の運動耐容能について

    リハデミー編集部

    背景 ハンチントン病は、脳の線条体、尾状核の神経細胞が変性・脱落することにより舞踏様と言われる不随意運動が生じる病気です。進行性の疾患であり、運動能力だけでなく認知機能も障害されていきます。 この研究では、ハンチントン病患者と健常者を比較し、運動耐容能について調査しました。 ハンチントン病患者...

    続きを読む

  • 2020.05.27

    尿失禁は骨盤底筋トレーニングで改善するか

    リハデミー編集部

    背景 尿失禁は40歳代以上の女性の4割が経験するといわれ、生活の質を低下させる要因です。尿失禁に対するトレーニングとして、骨盤底筋トレーニングが行われますが、その効果について調べた事はありますか? この研究では、尿失禁患者を対象に骨盤底筋トレーニングが尿失禁を改善するか検証しました。 尿失禁患...

    続きを読む

  • 2020.05.26

    重度喘息患者に対する効果的な治療方法とは?

    リハデミー編集部

    背景 インセンティブスパイロメトリーや、呼気気道陽圧療法(Expiratory positive airway pressure; EPAP)は、呼吸器疾患の治療に用いられますが、それらを組み合わせた効果について検証されていません。 この研究では、重度喘息患者を対象にインセンティブスパイロメトリーとEPAPの組み合...

    続きを読む

  • 2020.05.25

    乳がん患者に対する遠隔のフォローアップの効果とは

    リハデミー編集部

    背景 多くのがん患者は入院での治療が終了した後のケアを必要としていますが、専門的な病院が遠方な場合や、仕事や家庭の役割からケアを十分に受けられない場合があります。 この研究では、乳がん患者を対象に遠隔的なケアの効果を検証しました。 治療後6週間を超える乳がん患者を対象に検証...

    続きを読む