• 2020.08.08

    慢性腎不全患者に対する自宅運動の効果について

    リハデミー編集部

    背景 慢性腎不全患者は、倦怠感や貧血、息切れなどの症状が現れ、運動耐容能が低下しやすくなります。適度な運動は腎機能や透析効率を向上させることがわかっていますが、運動耐容能は改善するでしょうか。この研究は、慢性腎不全患者を対象に自宅での運動を行うことで、運動耐容能や腎機能が向上するか調査しました。 ...

    続きを読む

  • 2020.08.07

    急性期脳卒中患者に対する呼吸筋トレーニングの効果

    リハデミー編集部

    背景 急性期の脳卒中患者は、神経学的な問題や廃用症候群、嚥下障害などによって、呼吸機能が低下し、肺炎を起こしやすくなる場合があります。この研究は、急性期の脳卒中患者を対象に、呼吸筋トレーニングの効果を検証しました。 脳卒中発症2週間以内の患者を対象に検証 ...

    続きを読む

  • 2020.08.06

    脳卒中後の下部尿路障害患者に対する骨盤底筋トレーニングの効果

    リハデミー編集部

    背景 尿もれや頻尿に対するアプローチとして、骨盤底筋トレーニングが挙げられます。前立腺切除後の男性や頻尿、尿失禁のある女性に対し、骨盤底筋トレーニングの効果が報告されていますが、他の疾患でも効果はあるのでしょうか。 この研究は、脳卒中後に下部尿路障害を伴う男性を対象に、骨盤底筋トレーニング...

    続きを読む

  • 2020.08.05

    リハビリの動機付けの面接で死亡リスクが減少する?

    リハデミー編集部

    背景 脳卒中患者において、リハビリの動機付けや目標設定は、患者のモチベーションだけでなく、リハビリの効果にも影響すると言われています。この研究は脳卒中患者を対象に動機付け面接を行なった場合、患者の気分や死亡リスクが変化するか調査しました。 脳卒中患者を対象に動機付け面接の効果を検証...

    続きを読む

  • 2020.08.04

    ボツリヌス治療とリハビリの組み合わせの効果について

    リハデミー編集部

    背景 上下肢の痙縮に対するボツリヌス治療について、本邦では2010年に健康保険が適応されてから、患者にも広く知られるようになってきました。ボツリヌス治療はリハビリテーションと組み合わせることでより痙縮が軽減できることが言われています。今回はその根拠となる論文を紹介します。この研究では、多発性硬化症により痙縮が生じている患者を対象...

    続きを読む

  • 2020.08.03

    変形性股・膝関節症患者に対する徒手療法の長期的な効果とは

    リハデミー編集部

    背景 股関節、膝関節の変形性関節症(osteoarthritis; OA)の非薬物治療として、徒手療法や運動療法が挙げられますが、その長期効果については検証されていません。この研究は、股・膝関節OAの患者を対象に徒手療法と運動療法の長期効果について調査しました。 股・膝関節OA患者を対象に検証 ...

    続きを読む

  • 2020.08.02

    前十字靭帯損傷患者は、早期に手術をしなくても良い?

    リハデミー編集部

    背景 前十字靭帯損傷の治療は、手術と保存療法があります。手術は、再建術が行われますが、早期に手術をされずに、待機となる患者もいると思います。早期に手術を行った人と待機となった人で、膝の状態の改善が異なるのでしょうか。今回、急性期の前十字靭帯損傷患者を対象に、10週以内に手術を行った群と手術までの間リハビリを行い待機した群を比較し...

    続きを読む

  • 2020.08.01

    軽度の認知症患者は、認知リハビリで目標達成度と満足感を改善できる?

    リハデミー編集部

    背景 軽度認知症患者は、日々の生活でたびたび失敗を繰り返すことで、生活への不安や混乱を抱えることがあります。リハビリは、生活場面において失敗する場面や不安を患者自信に理解してもらう認知リハビリを行うこともあると思います。認知リハビリで、軽度認知症患者の不安や満足度などを改善することができるのでしょうか。今回、軽度認知症患者を対象...

    続きを読む