新着トピックス

New Topics

  • 2019.02.06

    ボバース法とボバースコンセプトの違いとは?-後編-

    講師 - 伊藤克浩 先生

    すべてのセラピストが持っておくべき知識 伊藤:実際的には、それで出したものは、コストが結構かかる、期間がかかるっていう害があると言っているドクターがいっぱい世界中にいて、僕らがやっていることと全然違うことなんだけどNDTとして比較対象にされて、エビデンスが低いとか害があるとか言ってる人達がいます。それに、現にステップ会議にもボバースのインストラクターが4,50...

    続きを読む

  • 2019.02.06

    ボバース法とボバースコンセプトの違いとは?-前編-

    講師 - 伊藤克浩 先生

    自分の身体で感じでもらうことが一番間違いないでないと頭でっかちになってしまう 藤本:今日は、山梨リハビリテーション病院の副部長、ボバース研究会の会長でもある伊藤先生に色々お話を聞きながら進めていきたいと思っています。よろしくおねがいします。 伊藤:はい、よろしくおねがいします。   ホ...

    続きを読む

  • 2019.02.06

    頸部を専門に研究するという一つの軸-後編-

    講師 - 上田泰久 先生

    ゆがみはある領域をこえなければ悪ではない 藤本:ありがとうございます。次の質問に移りたいと思います。難しい質問になってしまうかもしれませんが、脊柱のアライメントや首のアライメントに関して、健康グッズが結構多く出ていると思うのですが・・・・・・ 上田:健康グッズですか!? 藤本:はい、 たとえば最近よく見る健康グッズのオフィ...

    続きを読む

新着論文紹介

New Topics

  • 2019.02.18

    4つの方法の組み合わせで認知症は予防できる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.認知症予防について 2.食事療法や運動療法など複数の介入を行った群と一般的なアドバイスを行った群で比較 3.介入群で有意に認知機能が向上した 背景 過去の研究では、認知症の予防方法について様々な検討がされてきましたが、運動療法や認知機能訓練などの単一の介入方法の...

    続きを読む

  • 2019.02.17

    筋力トレーニングは多関節運動、単関節運動どちらが良い?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.筋力トレーニングについて 2.過去の論文から、筋力トレーニングのセット数と筋肥大の関係を調査 3.多関節および単関節の方法の違いによる影響は少ない 背景 筋力トレーニングを行う上で考えるポイントとして、運動強度や回数、介入期間などのトレーニングの量や単関節、多関...

    続きを読む

  • 2019.02.16

    βアラニンで1分間の運動回数は増える?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.βアラニンってなに? 2.βアラニン摂取群と、プラセボ群を比較 3.βアラニン摂取群で、1分間の運動回数が増加し、疲労度は低くなった 背景 βアラニンは、天然に生成するβ-アミノ酸の一つです。運動の疲労を軽減する...

    続きを読む

新着講師ブログ

New Teacher’s Blog

  • 2018.10.19

    復帰までの気持ち

    講師 - 中村和哉

    「退院し、在宅で生活後、自分の様な状態だと自宅でそのまま過ごす方もいる中で、なぜ仕事をしようと考えるようになったのかを話させていただきます。1年10か月間のリハビリ入院を終えて、自宅で生活することになりました。自宅に帰ってからも死にたいという気持ちはずっと消えず、とくに何もすることなく1年間自宅で過ごしました。しかし、ここで少し気持ちの変化がありました。それは自宅に帰ることで、もし生きていた...

    続きを読む

  • 2018.10.19

    障害を負った心境

    講師 - 中村和哉

    看護師として働き出して、救急看護が出来る事を目標に頑張っていたところ、事故で首の骨を折り、「脊髄損傷のため麻痺が一生残ります。一生車椅子生活です」と宣告されました。その時入院した病院のICUは自分が務めていた場所だったので、同僚に排泄物の世話をしてもらい、昨日まで自分が受け持っていた患者さんが横で寝ているといった状況に自分の自尊心はボロボロにされていました。しかし、不思議なことにリハビリには...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    初めまして。中村和哉と申します。

    講師 - 中村和哉

    皆様、初めまして。中村和哉と申します。 縁があって、このブログを書くことになりました。 自分がブログを書くことになった経緯を説明します。 リハテックリンクスの大北社長とは同じ専門学校ということから知り合いました。自分が事故で、障害を負ってからも変わらず接してくれる友人の一人でした。その彼が、リハビリスタッフの技術向上に繋がることを目標...

    続きを読む

質問共有サービス

Q&A

最新の質問

  • 対側性運動連鎖において体幹のスタビリティをつくるアプローチ方法について

    1つ質問をさせて頂きたいのですが、対側性運動連鎖において、多裂筋、腸腰筋からの腹横筋、胸棘筋、僧帽筋下部へとアプローチして体幹のスタビリティをつくるというのは理解できたのですが、その後の頸長筋をアクティブにすると全ての対側性の活動に参加する筋がアクティブになるって話を聞いて後に思ったのが、多裂筋筋等のしたからアプローチするより頸長筋をアクティブに最初にした方が治療効率いい気がしたんですが、どうでし