• 2018.09.30

    認知症の発症に関わる意外な要因とは!?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.日本の認知症患者は○○人!予防するために知っておくべきこととは 2.ある意外な要因と認知症の発症リスクについて調査 3. 〇〇は認知症の発症リスクを増加させる   背景 日本において、65歳以上の認知症の患者数は、2012年時点で約462万人であり...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    肩のインピンジメント症候群の手術は必要か?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.関節鏡視下肩峰下除圧術とは?肩のインピンジメント症候群の治療方法を解説 2.手術療法と運動療法を比較し、2年後の肩の痛みを評価 3.手術療法と運動療法の効果に差なし!患者に治療の選択肢を提示できるよう論文を読んでみよう   背景 肩のインピンジメン...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    脳卒中後に自殺を図った人、その傾向とは?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中後のうつ、自殺について知っていますか 2.脳卒中後自殺を図った人の特徴を調査 3.自殺率は一般の約2倍!その特徴を説明します   背景 脳卒中になると、麻痺による身体機能の低下や日常生活能力の低下により、今まで通りの生活が行えなくなります。突...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    腰痛に対する装具はどの形が良いか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.腰痛と装具の種類について 2.腰の伸展を制限する装具、しない装具、通常ケアを比較し、日常生活の制限について評価 3.腰の伸展制限がある装具の方が通常ケアよりも効果あり   背景 腰痛を管理する方法として、一般的に装具が用いられます。装具は支柱を使っ...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    腰部脊柱管狭窄症は手術するべき?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.腰部脊柱管狭窄症の治療方法について 2.腰部脊柱管狭窄症患者を対象に手術をした場合と2年間追跡しQOLを評価 3.手術と理学療法を比較しても治療効果に差はない   背景 腰部脊柱管狭窄症は、腰痛や歩行障害、排尿排便障害などにより日常生活活動や生活の...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    投球数を制限してもけがは減らない?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.ピッチャーの投球数とけがについて 2.プロ野球選手を対象に投球イニング数と怪我の関係を調査 3.投球イニング数とけがの関連は見られなかった   背景 野球のピッチャーにとって、肩や肘のけがは選手生命に大きく関わります。けがを防ぐためにメジャーリーグ...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    多発性硬化症患者に対する行動変容アプローチの効果とは?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.行動変容アプローチとは  2.過去の研究をまとめ多発性硬化症患者に対する行動変容アプローチの効果を検証 3.行動変容アプローチで身体活動が増加する   背景 多発性硬化症患者は、病変部位によって、手足が震えたり、感覚障害や運動障害が起こり...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    インターネット上の治療でうつ症状が改善する?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.多発性硬化症とうつの関係について説明!  2.多発性硬化症患者に対し、インターネット上で認知行動療法を実施 3.インターネット上の治療でうつ症状が改善する   背景 多発性硬化症の患者がうつになりやすいことを知っていますか?多発性硬化症の...

    続きを読む