• 2018.06.26

    運動と果物や野菜を多く摂取するとうつになりにくい?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 運動や果物・野菜の摂取量がうつ症状の発症に関係するか調査 2. 運動時間が長い人はうつになりにくい 3. 運動や食生活の改善について患者に効果を説明できるようになろう 背景 食生活を正したり、運動習慣をつけたりすることは、なんとなく良いというイメージがあると思...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    地域生活への移行期に脳損傷患者とその家族が感じることとは?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 退院から地域生活の移行期間における社会心理的な変化について 2. 脳損傷患者に対し退院後の生活についてインタビュー 3. 病院から地域での生活に移行する間に感じることとは   背景 外傷性脳損傷や脳卒中などの脳損傷患者が、自宅に退院した後の半年ほ...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    リハビリ病棟での転倒、どのように対策していますか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. リハビリ病棟での転倒を防ぐためには 2. リハビリ病棟の入院患者とスタッフに転倒予防教育を実施 3. 患者やスタッフへの教育は転倒を予防する   背景 リハビリ病棟での患者の転倒は最も起こりやすいインシデント・アクシデントであり、患者が怪我を負う...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    うつ症状 × ストレスで○○のリスクが増加する?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. うつ症状ストレスが健康に及ぼす影響とは 2. うつ症状やストレスと冠動脈疾患の発症について調査 3. うつ症状×ストレスで心筋梗塞や死亡のリスクが増加 背景 病気や後遺症によって入院生活が長引いたり、今後の生活に不安を抱くことで、うつ症状になる患者...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    腰痛を改善する中国の伝統的な方法とは

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 腰痛改善のための治療法についていくつ知っていますか? 2. 腰痛患者を対象に○○を実施 3. 〇〇は腰痛を改善する! 背景 日本において、腰痛に苦しむ人は、2800万人とも言われ、実に4人に1人が腰痛に悩まされています。腰痛によって仕事や生活に影響が出ることも...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    せっかちな人は脳卒中になりやすい?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 性格との疾患が関係する?タイプA行動パターンとは? 2. ストレスと脳卒中の発症との関連を調査 3. せっかちで、ストレスを感じやすい人は脳卒中発症のリスクが高い 背景 脳卒中になる要因は、喫煙や高血圧、糖尿病などが挙げられますが、そのほかに性格も関係するかも...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    人生の目標を持つと脳梗塞のリスクが軽減する!?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 目標設定の重要性について説明できますか? 2. 高齢者に対し人生の目標と脳梗塞のリスクを評価 3. 大きな人生の目標を持つ人は脳梗塞のリスクが低い 背景 高齢の患者と接していると、「もうやりたいことなんてない」、「目標なんていない」と言った言葉を聞きませんか?...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    女性の脳卒中予防には○○が必要!?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 患者の食事と健康について注意していますか? 2. 閉経後の女性のカリウムの摂取量と脳卒中や死亡について調査 3. カリウムの摂取量が多い群は死亡や脳卒中の発症リスクが低い 背景 あなたは普段患者の食事に着目しているでしょうか?普段病院や地域でリハビリをしている...

    続きを読む