• 2018.09.30

    片頭痛持ちだと脳卒中になりやすい?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中の予兆について 2.片頭痛と脳卒中や心筋梗塞など心血管疾患の発症リスクとの関係を調査 3.片頭痛持ちだと心血管疾患の発症リスクが高い   背景 脳卒中や心筋梗塞は、早期に発見し受診することで、治療の幅が広がり、命が助かる可能性が高くなります。...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    低脂肪vs 低炭水化物ダイエット、体重が減るのはどっち?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.過体重が健康に与える影響 2.低脂肪ダイエットと炭水化物ダイエットを比較し1年後の体重を比較 3.体重の減少は同程度。ダイエットで大切なこととは   背景 過体重は、高血圧や心血管疾患の発症リスクを高めると言われています。体重を減らすためには、運動...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    「お酒の飲み過ぎ」は何杯からリスクがあるか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.お酒の飲み過ぎが健康に与える影響 2.アルコールの摂取量と死亡および心血管疾患疾患の発症リスクを調査 3.お酒は週○杯まで!最も死亡リスクが低い摂取量とは    背景 アルコールの摂取は、高血圧や脳卒中などの要因と言われています。脳卒中な...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    糖尿病予防のためには子供の頃から体重管理が必要?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.10人に1人が肥満!?小児期の肥満について説明 2.子供の頃の過体重と2型糖尿病の発症リスクを検証 3.○歳までに過体重を改善すれば2型糖尿病の発症リスクは下がる   背景 日本では、ここ30年間で肥満の子供が2-3倍増加しており、男児では10人に...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    血圧の自己管理で血圧は下がるのか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.高血圧が健康に及ぼす影響とは 2.血圧の自己管理の効果を検証 3.自己管理、遠隔管理群は通常ケア群と比べ収縮期血圧が改善   背景 高血圧は、高い血圧により血管を傷つけ、動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患を引き起こす要因となりま...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    社会経済学的地位が身体機能と関連する!?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.人々の健康に関わる要因とは 2.10万人以上を対象に社会経済的地位と身体機能との関係を調査 3.社会経済的地位が低いと身体機能が6.6年後退している   背景 人々の健康に関わる要因として、食事や運動といった生活習慣や、喫煙、飲酒、高血圧、肥満など...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    末梢動脈疾患患者の歩行指導、ウェアラブルモニターは有用か?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.ウェアラブルの活動計を装着し、歩行練習を実施 2.ウェアラブル端末を用いても通常ケアと効果は変わらない 3.なぜ効果が得られなかったか。IT技術を活用する方法を考えてみよう。   背景 自宅でリハビリを続ける患者は、自己管理が求められますが、1人で...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    握力が○kg低下すると死亡リスクが20%増加!?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.握力はなぜ測る?握力の測定が反映しているものとは 2.50万人以上を対象に握力と疾患の発症、死亡率を調査 3.握力が○kg下がるごとに死亡リスクが高くなる。普段行なっている評価も計測する意味を考えてみよう   背景 握力は、全身の筋力を反映する指標...

    続きを読む