• 2018.06.26

    杖を使うことの効果について説明できますか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.杖を使うと何に良いか知っていますか?  2.杖を使用した場合の膝の痛みとQOLを評価  3.杖を使用すると使用しない場合よりも膝の痛みやQOLが改善する 背景 変形性膝関節症の痛みに対し、杖を勧めることがあると思います。一方で、患者の中には「...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    ヘルスリテラシーが低いと死亡リスクが高い!?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.ヘルスリテラシーとは 2.心不全患者のヘルスリテラシーが退院後の死亡や再入院に関連するかを調査  3.ヘルスリテラシーの低さが心不全患者の死亡リスクに影響する   背景 ヘルスリテラシーという言葉を知っていますか?ヘルスリテラシーとは、健...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    介護施設での作業療法は脳卒中後の後遺症に効果がない!?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中患者に対する作業療法の効果について  2.介護施設に入所する脳卒中患者に対し作業療法を実施  3.作業療法を実施してもしない場合と比べADLは向上しない 背景 介護施設にいる患者は、活動量が低下し、健康上の問題を抱えやすいと言われていま...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    ADHDの改善には○○が効果的?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. ADHDの治療方法とは 2. 小児のADHD患者を対象に運動療法を実施した場合の症状の改善を検証 3. ○○を行うとADHDの症状が改善する 背景 注意欠陥や過活動性の症状を示すADHD(attention deficit hyperactivity diso...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    片足立ちが苦手な人は脳卒中のリスクが高い?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 微小な脳梗塞は脳卒中の危険因子になる 2. 50歳以上を対象に片足立ちの時間と微小脳梗塞の有無を評価 3. 片足立ち時間が短い人は微小脳梗塞がある? 背景 高齢になると微小な脳梗塞を起こし、脳卒中の危険因子になることがわかっています。MRIなどの検査をすれば早...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    運動と果物や野菜を多く摂取するとうつになりにくい?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 運動や果物・野菜の摂取量がうつ症状の発症に関係するか調査 2. 運動時間が長い人はうつになりにくい 3. 運動や食生活の改善について患者に効果を説明できるようになろう 背景 食生活を正したり、運動習慣をつけたりすることは、なんとなく良いというイメージがあると思...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    地域生活への移行期に脳損傷患者とその家族が感じることとは?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 退院から地域生活の移行期間における社会心理的な変化について 2. 脳損傷患者に対し退院後の生活についてインタビュー 3. 病院から地域での生活に移行する間に感じることとは   背景 外傷性脳損傷や脳卒中などの脳損傷患者が、自宅に退院した後の半年ほ...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    リハビリ病棟での転倒、どのように対策していますか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. リハビリ病棟での転倒を防ぐためには 2. リハビリ病棟の入院患者とスタッフに転倒予防教育を実施 3. 患者やスタッフへの教育は転倒を予防する   背景 リハビリ病棟での患者の転倒は最も起こりやすいインシデント・アクシデントであり、患者が怪我を負う...

    続きを読む