• 2018.11.22

    脳卒中の上肢のリハビリにはアプリが有効?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.タブレット端末でのアプリが上肢機能を改善するか調査 2.健常高齢者と脳卒中患者でタッピングの速度や精度が向上した 3.楽しめるリハビリ、自主トレーニングを考えることも必要かもしれません 背景 脳卒中患者が受けられるリハビリテーションの時間は、1日に1時間から2時...

    続きを読む

  • 2018.11.21

    〇〇が悪くなると、認知機能も低下する?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.加齢にともなう変化 2.視力と認知機能を調査 3.視力の悪化とMMSEスコアの低下は関連が認められた 背景 日本において認知症患者は462万人と報告され、65歳以上の7人に1人が認知症であると言われています。認知症を予防するためには、認知機能が低下する要因を知っ...

    続きを読む

  • 2018.11.20

    パチンコ好きは脳卒中を発症しやすい?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.パチンコが脳卒中の発症のリスクとなるか調査しました 2.パチンコは、発症後の予後に直接的な影響はありませんでした 3.因果関係と相関関係の違いを知ったうえで患者さんに説明しましょう 背景 近年では、受動喫煙の問題から公共施設やデパートなどでは、禁煙や喫煙スペース...

    続きを読む

  • 2018.11.19

    転倒予防を開始するのは65歳以上では遅い?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.加齢と転倒について 2.中高年の転倒の発生を調査 3.65歳未満でも、3割の女性が転倒する 背景 高齢者の転倒は、加齢による筋力の低下やバランス能力の低下によって引き起こされます。これまでの研究では、高齢者における転倒予防の介入効果について報告されています。65...

    続きを読む

  • 2018.11.18

    自宅へ退院できる脳卒中患者は○○という特徴を持っている?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中患者の在宅復帰、施設入所の要因を調べた 2.離婚あるいは死別している脳卒中患者は配偶者のいる場合と比べ、在宅復帰率が低い 3.入院早期から、在宅復帰に必要な要因を考慮しましょう 背景 脳卒中のリハビリテーションにおいて、在宅復帰は重要なアウトカムのひとつと...

    続きを読む

  • 2018.11.17

    季節が認知機能に影響する!?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.アルツハイマー型認知症と季節について 2.高齢者の認知機能と季節との関連を調査 3.高齢者の認知機能は夏と秋で高くなる傾向が認められました 背景 認知症は、患者自身の記憶力や注意力が低下し、本人の生活だけでなく、家族などの主介護者の生活にも影響を及ぼします。認知...

    続きを読む

  • 2018.11.16

    自閉症患者がうつ病になるリスクは○倍!?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.自閉症とコミュニケーションについて 2.自閉症患者がうつ病を発症するリスクを調査 3.自閉症患者は健常者と比べうつ病になるリスクが○倍   背景 自閉症では、先天的な原因から対人関係やコミュニケーション能力が苦手となる傾向があります。この問題から社...

    続きを読む

  • 2018.11.15

    身体活動の高い人は死亡リスクが○○倍低くなる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.虚血性心疾患と死亡リスクについて 2.虚血性心疾患患者のBMI、身体的活動量が死亡と関連するかを調査 3.身体活動の高い人は死亡リスクが0.64倍減少する   背景 虚血性心疾患患者に対する、死亡リスクを低くするために、運動をすることや健康的な体重にする...

    続きを読む