• 2018.09.30

    異なる原因の間質性肺炎でも運動の効果は一緒?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.間質性肺炎の原因について説明 2.異なる原因の間質性肺炎に対して、運動療法の効果を検証 3.どの種類の間質性肺炎でも運動療法により歩行距離やQOLが改善する   背景 間質性肺炎は、肺胞の壁に炎症が起き、壁が線維化するため硬くなり、酸素を取り込みにくくな...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    塩分をどれくらい減らすと血圧が下がるか説明できますか

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.減塩ってどれくらい減らせばいいの?その疑問を解決する論文をご紹介 2.過去の研究から減塩食により血圧が低下するか調査 3.塩分を○g減らすと血圧が低下する!   背景 リハビリの対象となる患者のうち、脳卒中や腎疾患、糖尿病など塩分を制限される患者も多いと...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    術後のせん妄は早期離床で防げる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.術後せん妄の問題点について 2.高齢者を対象に術後せん妄の予防プログラムを実施 3.術後せん妄の予防プログラムを行うと術後せん妄が減少する   背景 術後せん妄とは、手術をきっかけに起こり、幻覚や妄想が現れる精神障害です。高齢者に起こりやすいとされ、術後...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    痛みが続くと認知症になる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.認知症を予防するために、認知症の要因を知っておこう 2.慢性疼痛と認知症の関係について調査 3.慢性疼痛がある人はない人より認知症を発症する   背景 認知症の要因と聞くと何が思い浮かびますか?加齢、身体活動量、生活習慣など様々な要因との関係が報告されて...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    「運動をすると認知症が防げる」は真実か?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.身体活動量と認知症の関係について調査 2.身体活動量と認知症は関係がない? 3.因果の逆転とは?論文から考えられることを考察   背景 日本において認知症の患者は、その予備軍を合わせると800万人以上とも言われ、65歳以上の高齢者の4人に1人は認知症ある...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    体重を減らすためには食事内容を記録したほうが良いって本当?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.食事内容や体重を管理する方法について効果を比較 2.体重の減少に効果的な方法、実は○○だった?  3.食事内容や体重の記録だけで不十分かも?論文から考えられることを考察   背景 リハビリの対象疾患のうち、糖尿病や関節症の患者などは、体重を減ら...

    続きを読む

  • 2018.09.30

    高齢者の転倒予防にはどの方法が効果的?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.過去の研究から高齢者の転倒を予防する方法の効果を比較 2.効果的な方法は運動とある方法の組み合わせ 3.患者の転倒の原因にも着目しよう   背景 高齢者の転倒は、加齢による筋力の低下、視力の低下、感覚障害など様々な要因によって引き起こされます。転倒予防教...

    続きを読む

  • 2018.09.29

    運動療法と食事療法だけで糖尿病は治る!?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.糖尿病の有病者数と治療費について  2.2型糖尿病患者に対し食事療法と運動療法の効果について調査  3.食事療法と運動療法を1年間続けた場合、糖尿病が寛解する人が多い   背景 糖尿病は、悪化すると糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病...

    続きを読む