• 2018.09.29

    リハビリ病棟での転倒に対してどのような対策をしていますか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.リハビリ病棟でのインシデントについて 2.リハビリ病棟の入院患者とスタッフに対し転倒予防教育を実施 3.転倒予防教育は転倒リスクを減少させる   背景 入院患者の中で起きやすいインシデントとして、患者の転倒が挙げられます。特にリハビリ病棟では、患者...

    続きを読む

  • 2018.09.29

    パーキンソン病患者に対する運動療法

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.パーキンソン病患者に対する運動療法の効果とは 2.パーキンソン病患者に対し運動療法と通常ケアを実施 3.軽症のパーキンソン病患者では転倒リスクが軽減   背景 パーキンソン病は、身体のふるえ(振戦)、動きが遅くなる(無動)、動きがかたくなる(固縮)、バラ...

    続きを読む

  • 2018.09.29

    ロボットリハビリは本当に有効?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.上肢機能障害がある患者に対しロボットリハビリを実施 2.集中的なリハビリと比べ、上肢機能は改善せず 3.先行研究から効果を知った上で患者に適応しよう   背景 近年、脳卒中患者に対するロボットを用いたリハビリが注目されています。歩行を補助するロボットやバ...

    続きを読む

  • 2018.09.29

    退院後の脳卒中患者のQOLに関連する要因は何か?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中患者のリハビリとQOLについて 2.脳卒中後のQOLに関連する要因とは 3.うつ症状や社会活動への参加の程度はQOLと関連する   背景 脳卒中患者のリハビリテーションで、Quality of Life(QOL)の向上を目的に介入することがあると思...

    続きを読む

  • 2018.09.29

    脳卒中後うつがその後の生活に及ぼす影響とは?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中後うつとは 2.脳卒中後のうつ症状とその後の生活について調査 3.脳卒中後のうつ症状がある患者は生活や社会参加への満足度が低い   背景 脳卒中後うつという言葉を知っていますか?脳卒中になると脳の器質的な問題や、後遺症や今後の生活の不安による心因的...

    続きを読む

  • 2018.09.29

    社会に参加するってどういう状態?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.社会に参加するってどういうこと? 2.過去の研究から社会参加の定義について調査 3.社会参加の定義は1つじゃない?様々な定義について解説   背景 リハビリのゴールとして、患者の社会参加を促すことがあると思います。社会に参加すると、「何かがよくなる...

    続きを読む

  • 2018.07.03

    大脳感覚野に対する新しい電気刺激法の効果-触覚・痛覚に与える影響について-

    リハデミー編集部

    脳卒中を初め、感覚障害を有する病気は少なくありません。感覚障害は、身体の置き場所がわからなかったり、過剰に力を入れることになったり、日常生活において様々な問題となります。しかし、感覚障害に対する根拠のあるアプローチはこれまでほとんど存在しませんでした。今回紹介する方法は、近年注目をあびている経頭蓋直流電気刺激法です。触覚と痛覚に対する効果について解説していくことにします。 ...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    長時間の睡眠は○○のリスクを高める!?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.患者や地域高齢者で「寝過ぎ」な人はいませんか  2.睡眠時間がある疾患の発症リスクに関係するか調査  3.長時間の睡眠は○○の発症リスクが高い   背景 入院患者や地域に暮らす高齢者の中には、1日の睡眠時間が極端に長い方も見受け...

    続きを読む