• 2018.09.29

    痛い!歩けない!間欠性跛行の患者に対し運動は減らすべき?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.間欠性跛行の代表的な疾患について 2.過去の研究をまとめ間欠性跛行に対する運動療法の効果を調査 3.運動療法を行うと痛みなく歩行できる距離が延長する!   背景 間欠性跛行は、歩行中に腰や足にしびれや痛みが生じ、歩行が困難になる障害のことです。脊柱管狭窄...

    続きを読む

  • 2018.09.29

    がん患者と家族へのサポートの効果を説明できますか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.がんの治療と家族の負担について 2.過去の研究をまとめ、がん患者とパートナーへ心理社会的な介入の効果について調査 3.がん患者とパートナーへの介入は互いの関係性を改善させる   背景 がんは、予後や治療の副作用などから患者がストレスを抱えやすい病気の一つ...

    続きを読む

  • 2018.09.29

    がん患者の多くは化学治療に対する効果を誤解している?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.がん患者を対象に化学治療の効果に対する期待について調査 2.がん患者は治療の効果を誤解している? 3.リハビリにおいても患者の理解を促すようなコミュニケーションが必要   背景 がんに対する治療は、手術、放射線治療など様々ありますが、治療によって副...

    続きを読む

  • 2018.09.29

    脳卒中患者の自主トレーニングについて内容を吟味できていますか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中患者の自主トレーニングの内容について効果を説明できますか? 2.亜急性期の脳卒中患者を対象に自主トレーニングを実施 3.上肢機能の改善のためには〇〇を含む自主トレーニングが大切?   背景 回復期リハビリ病棟において、脳卒中患者のリハビリを行える時...

    続きを読む

  • 2018.09.29

    患者の〇〇が低いと配偶者の抑うつ症状が高い?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中患者と介護者のうつ症状について 2.脳卒中患者と配偶者の性格やうつ症状を調査 3.患者の自尊心は配偶者の抑うつ症状と関連する   背景 脳卒中患者は、脳の器質的な問題や、心因的な問題からうつ状態になる場合があります。このうつ状態は、脳卒中患者のみな...

    続きを読む

  • 2018.09.29

    慢性期脳卒中患者に対するヨガの効果とは?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.慢性期脳卒中患者のQOLについて 2.慢性期脳卒中患者に対するヨガの効果を検証 3.ヨガは○○に効果がある? 背景 慢性期の脳卒中になると、病院とは違い運動する時間も限られ、徐々に筋力や体力が落ちてしまい、生活の質(QOL; Quality of life)も低...

    続きを読む

  • 2018.09.29

    脳卒中後うつには家族への介入も大切?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中後うつとは 2.過去の研究から脳卒中後うつ患者に対し家族向けの介入効果を検証 3.脳卒中後うつに対する家族向けの介入は効果がある?その介入の特徴は?   背景 脳卒中後うつは、脳卒中患者の約20%がかかるとも言われています。脳卒中後うつになる...

    続きを読む

  • 2018.09.29

    上肢手術後の安静期間にできるトレーニングとは?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.手の手術後の安静による影響とは 2.手の手術後、固定期間の患者に対し運動イメージトレーニングを実施 3.運動イメージトレーニングをすると上肢の機能が向上する   背景 手を手術した場合、一定期間の安静が求められることがあります。この期間は手を動かせないこ...

    続きを読む