• 2018.06.26

    脳卒中患者の股関節外転筋への○○が歩行能力を向上させる

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 脳卒中患者の非対称性歩行と股関節外転筋について 2. 脳卒中患者の中殿筋に○○を行い、歩行能力を評価 3. 中殿筋への○○は歩行能力を改善する! 背景 多くの脳卒中患者は、歩行時に麻痺した下肢へ体重をかけることが難しく、非対称的な歩行となります。非対称的な荷重...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    脳卒中患者の家族の介護負担について考えたことはありますか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 脳卒中患者の家族の負担とは? 2. 脳卒中患者やその家族に情報提供を実施 3. 情報提供を行うと家族関係が改善する 背景 脳卒中患者は、麻痺により日常生活活動が制限され、自宅に退院した後も介護が必要な場合があり、介護する家族に負担がかかることがあります。脳卒中...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    整形外科疾患にもミラーセラピーが効果的?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 整形外科疾患で脳機能も変化する?その内容について説明! 2. 整形外科疾患患者にミラセラピーを行った効果とは 3. ミラーセラピーを行うと上肢機能が改善する! 背景 ミラーセラピーと聞くと、対象疾患として皆さんはどのようなものを思い浮かべるでしょうか。多くのセ...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    上肢麻痺を改善させるために行う電気刺激、必要な刺激時間を説明できますか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 脳卒中患者の上肢機能の改善を目的とした電気刺激について説明 2. 脳卒中患者に刺激時間を変えて電気刺激を行った場合の効果とは 3. 「○時間」の電気刺激を行った群で上肢機能が改善する 背景 脳卒中患者の上肢機能を改善させる方法は多岐にわたり、その中でも電気刺激...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    慢性腰痛のリハビリで新たに注意することとは

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.腰痛の社会的な問題とは 2.腰痛患者のうつ症状が痛みの改善に与える影響を検証 3.うつ症状が痛みの改善に影響する  背景 日本において、腰痛に苦しむ人は、2800万人とも言われ、実に4人に1人が腰痛に悩まされています。腰痛によって仕事や生活に影響が出る...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    脳卒中患者の歩行能力を向上させるために知っておきたいこと

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 脳卒中患者の歩行能力を向上させる方法について 2. 脳卒中患者に動作観察トレーニングを実施 3. 動作観察をすると歩行能力が改善する 背景 脳卒中患者の特徴的な後遺症で歩行に支障をきたすことがあります。歩行能力を改善させる手段として、トレッドミル歩行練習などが...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    CI療法の効果を説明できますか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 脳卒中患者に対するCI療法の効果を過去の研究から検証 2. CI療法を行うと上肢機能が改善する 3. 過去の研究を吟味し治療方法を検討してみよう   背景 脳卒中によって上肢に麻痺が残ると、麻痺していない方の上肢で日常生活を送るようになり、次第に...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    股関節骨折後の在宅リハビリは○○のリスクも減少させる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.高齢者の骨折に伴う問題について解説 2.股関節を骨折した高齢者が、退院後もリハビリを継続した場合のうつ症状を調査 3.退院後もリハビリを継続するとうつ症状が悪化する危険性が減少 背景 高齢者が骨折すると、痛みや怪我による日常生活の活動量の低下により、うつ症状を発...

    続きを読む