• 2018.06.26

    脳卒中患者の歩行改善について比較体重免荷式トレッドミルトレーニング VS 訪問リハビリ

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中患者に対する歩行能力の改善についてBWSTTと訪問リハビリの効果を比較 2.歩行能力の改善についてBWSTTと訪問リハビリは同程度 3.BWSTTのメリット、デメリットを把握した上で治療を選択しよう!  背景 脳卒中患者に対し、体重免荷式トレッド...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    慢性呼吸器疾患の増悪に対する早期リハビリのリスク

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 超急性期からのリハビリの効果とリスクは? 2. 慢性呼吸器疾患の増悪に対し早期リハビリの効果を検証した 3. 早期にリハビリを行っても対照群と比べ再入院のリスクは減少せず、12ヶ月後の死亡率は高い   背景 超急性期からのリハビリが、人工呼吸器を...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    プラセボでも効果は変わらない?人工膝関節置換術後の疼痛に対する電気刺激の効果

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 人工膝関節置換術後の疼痛に対する電気刺激とプラセボとの効果を比較 2. 電気刺激とプラセボとの間に有意な差は認められなかった 3. 普段行っている治療の効果を確かめるためには対照の設定が大切!普段の臨床を見直してみよう!   背景 人工膝関節置換...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    普段行なっている退院時指導の効果を考えたことはありますか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.退院時、退院後にトレーニング方法を指導した場合の身体活動量を調査 2.退院時、退院後指導をしても身体活動量は変わらない 3.患者の行動を変化させるためにはより戦略的な方法が必要である 背景 脳卒中患者に対し、退院後も活動量を維持させたり、転倒を予防するために、退...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    「グルコサミンは効かない」は真実か?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.関節の痛みに対するグルコサミンの効果を検証した 2.関節の痛みに対してはグルコサミンに有意な効果があるとは言えなかった 3.情報に惑わされず患者さんに治療の選択肢を提示できるようになろう! 背景 巷でよく目にするグルコサミン。関節の痛みを改善しようと、利用してい...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    腰痛の改善を目的にあなたは何種類の介入方法を提案できますか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.腰痛の社会的な問題とは 2.腰痛に対する認知行動療法の効果を検証 3.腰痛に対する認知行動療法で痛みや日常生活活動が改善する   背景 日本において、数多くある外来の通院理由のうち腰痛は何位くらいかご存知でしょうか?女性では第2位、男性では第4位と...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    「ある方法」で立ち上がり練習をすると脳卒中患者の身体機能が向上する

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中患者の身体機能改善に効果的な立ち上がり練習の方法とは? 2.「ある方法」で立ち上がり練習をするとバランス能力が改善する 3.ちょっとした工夫で身体機能が改善するかもしれない。普段の臨床を見直してみよう! 背景 脳卒中患者に対し、立ち上がりの自立や下肢筋力向...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    膝前十字靭帯を損傷したらすぐ手術するべき?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.前十字靭帯損傷(ACL損傷)後の手術療法と保存療法の転帰を検証した 2.早期に手術を行っても膝の機能や痛みを改善するとは言えなかった 3.過去の知見をもとに患者さんに治療の選択肢を提示できるようになろう!   背景 膝の前十字靭帯は膝関節の安定性に...

    続きを読む