• 2018.06.26

    慢性腰痛のリハビリで新たに注意することとは

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.腰痛の社会的な問題とは 2.腰痛患者のうつ症状が痛みの改善に与える影響を検証 3.うつ症状が痛みの改善に影響する  背景 日本において、腰痛に苦しむ人は、2800万人とも言われ、実に4人に1人が腰痛に悩まされています。腰痛によって仕事や生活に影響が出る...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    脳卒中患者の歩行能力を向上させるために知っておきたいこと

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 脳卒中患者の歩行能力を向上させる方法について 2. 脳卒中患者に動作観察トレーニングを実施 3. 動作観察をすると歩行能力が改善する 背景 脳卒中患者の特徴的な後遺症で歩行に支障をきたすことがあります。歩行能力を改善させる手段として、トレッドミル歩行練習などが...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    CI療法の効果を説明できますか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 脳卒中患者に対するCI療法の効果を過去の研究から検証 2. CI療法を行うと上肢機能が改善する 3. 過去の研究を吟味し治療方法を検討してみよう   背景 脳卒中によって上肢に麻痺が残ると、麻痺していない方の上肢で日常生活を送るようになり、次第に...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    股関節骨折後の在宅リハビリは○○のリスクも減少させる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.高齢者の骨折に伴う問題について解説 2.股関節を骨折した高齢者が、退院後もリハビリを継続した場合のうつ症状を調査 3.退院後もリハビリを継続するとうつ症状が悪化する危険性が減少 背景 高齢者が骨折すると、痛みや怪我による日常生活の活動量の低下により、うつ症状を発...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    脳卒中患者の上肢機能改善のために効果的なリハビリをいくつ挙げられますか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 脳卒中患者に対する上肢リハビリの効果を過去の研究から検証 2. 上肢機能改善のために効果的な治療法とは 3. 過去の研究を吟味し患者に選択肢を提示できるようになろう   背景 脳卒中患者のリハビリをしていると「腕が動くようになりたい」という訴えを...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    アキレス腱を損傷したら手術するべき?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.アキレス腱損傷後の手術療法と保存療法の転帰を検証した 2.リハビリをすれば保存療法でも手術と同等の効果が得られた 3.過去の知見をもとに患者さんに治療の選択肢を提示できるようになろう! 背景 アキレス腱は足関節の安定性に関わる重要な靭帯であり、アキレス腱を損傷す...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    パーキンソン病患者に対するPWSTTの治療法の効果は?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.パーキンソン患者に対する歩行能力の改善についてPWSTTの効果を検証 2.PWSTTを行うと歩行速度が改善する 3.PWSTTのメリット、デメリットを把握した上で治療を選択しよう!  背景 体重部分免荷トレッドミルトレーニング(Partial Body...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    脳卒中後うつを知っていますか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中後うつとその後のリハビリへの影響とは 2.脳卒中後のうつ症状が上肢機能の改善に与える影響を検証 3.脳卒中後うつ症状がある患者はない患者よりも上肢機能が改善しない    背景 脳卒中になることで、患者がうつになる可能性があることを、...

    続きを読む