• 2018.06.26

    脳卒中後のリハビリは遠隔で行うとやっぱり良くない?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.遠隔リハビリとは  2.過去の研究から脳卒中患者に対する遠隔リハビリの効果を検証 3.遠隔リハビリと病院でのリハビリは同等の効果 背景 情報通信技術の進歩に伴い、オンラインでの遠隔医療が普及し始めました。遠隔医療は、医師が診療する遠隔診療(オンライン診...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    COPD患者に〇〇をすると運動能力が向上する?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.COPD患者に対し「ある治療」が運動能力を向上させるか検証 2.COPD患者へ「ある治療」をすると6分間歩行距離が改善! 3.従来のリハビリと併用しながら治療を選択していこう! 背景 慢性閉塞性呼吸器疾患(chronic obstructive pulmonar...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    持久力向上だけじゃない?脳卒中患者に対するエルゴメーターの効果とは?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中患者に対する自転車エルゴメーターの効果を検証 2.脳卒中患者へ自転車エルゴメーターを行うとバランス能力や歩行速度が改善する 3.効果を知った上で、患者の身体機能と目的に沿った治療法を組み合わせ、効率的にリハビリをしよう!   背景 自転車エル...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    「練習量を増やす」ってどれくらい増やせばいいの?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中患者に対する練習量の重要性とは 2.脳卒中患者を対象にリハビリの内容は変えず量だけを増やした論文の効果を検証 3.活動性を向上させるためには、通常のリハビリより「○」倍増やす必要がある    背景 歩行や上肢の運動が障害された脳卒中...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    脳卒中患者の歩行改善について比較体重免荷式トレッドミルトレーニング VS 訪問リハビリ

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中患者に対する歩行能力の改善についてBWSTTと訪問リハビリの効果を比較 2.歩行能力の改善についてBWSTTと訪問リハビリは同程度 3.BWSTTのメリット、デメリットを把握した上で治療を選択しよう!  背景 脳卒中患者に対し、体重免荷式トレッド...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    慢性呼吸器疾患の増悪に対する早期リハビリのリスク

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 超急性期からのリハビリの効果とリスクは? 2. 慢性呼吸器疾患の増悪に対し早期リハビリの効果を検証した 3. 早期にリハビリを行っても対照群と比べ再入院のリスクは減少せず、12ヶ月後の死亡率は高い   背景 超急性期からのリハビリが、人工呼吸器を...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    プラセボでも効果は変わらない?人工膝関節置換術後の疼痛に対する電気刺激の効果

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 人工膝関節置換術後の疼痛に対する電気刺激とプラセボとの効果を比較 2. 電気刺激とプラセボとの間に有意な差は認められなかった 3. 普段行っている治療の効果を確かめるためには対照の設定が大切!普段の臨床を見直してみよう!   背景 人工膝関節置換...

    続きを読む

  • 2018.06.26

    普段行なっている退院時指導の効果を考えたことはありますか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.退院時、退院後にトレーニング方法を指導した場合の身体活動量を調査 2.退院時、退院後指導をしても身体活動量は変わらない 3.患者の行動を変化させるためにはより戦略的な方法が必要である 背景 脳卒中患者に対し、退院後も活動量を維持させたり、転倒を予防するために、退...

    続きを読む