• 2019.01.07

    がん患者に対する運動療法で倦怠感は改善できるか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.がん患者に対する運動療法について 2.重症化したがん患者に対する運動療法の効果を検証 3.倦怠感の改善は認められなかったが、身体機能は一部向上した   背景 これまでの研究で、がん患者に対する運動療法の効果として、倦怠感の軽減や身体機能が向上すると...

    続きを読む

  • 2019.01.06

    高齢者の靴ってどのような物が良い?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.靴と転倒は関連がある 2.靴の種類によるバランスとステッピングの影響を調査 3.高ヒール(踵の高い靴)でバランスが悪化する   背景 高齢者の転倒を予防するために、自宅の環境を設定したり、運動をさせたり様々な方法があります。その中の一つに、靴を変え...

    続きを読む

  • 2019.01.05

    脳卒中患者に対する体幹機能のエクササイズは効果的なのか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中患者の体幹機能について 2.脳卒中患者に対し、体幹機能のエクササイズと通常のリハビリを比較 3.体幹機能のエクササイズにより、体幹機能が改善する   背景 脳卒中患者では、体幹機能の低下により座位バランスや身体活動が困難となることが多くみられ...

    続きを読む

  • 2019.01.04

    脳卒中患者に対する神経発達学的治療の効果は?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.神経発達学的治療とは? 2.脳卒中患者に対し、神経発達学的治療を行った場合と通常の理学療法のみの場合に分けて検証 3.神経発達学的治療は通常の理学療法よりも痙縮や歩行能力を改善する   背景 脳卒中患者に対する運動療法の1つとして神経発達学的治療(...

    続きを読む

  • 2019.01.03

    COPD患者に対する日常生活動作の指導は酸素消費量を軽減できるのか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.COPD患者の生活と呼吸困難感について 2.推奨されている動作をしたことでの息苦しさの変化を調査 3.推奨されている動作方法で息苦しさは低下する   背景 慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease...

    続きを読む

  • 2019.01.02

    自分の介入に効果があったと説明するために必要なある指標とは?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.MCIDについて知っていますか? 2.脳卒中患者を対象とした快適歩行速度を調査 3.快適歩行速度のMCIDは0.16m/秒以上   背景 臨床において、自分の介入に効果があったと説明するために、何が必要か知っていますか?効果判定をするためには、&r...

    続きを読む

  • 2019.01.01

    モーターコントロールやスリングエクササイズは腰痛に効く?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.慢性腰痛症について 2.モーターコントロールエクササイズ、スリングエクササイズと通常のリハビリを比較し腰痛の改善について調査 3.モーターコントロールエクササイズ、スリングエクササイズと通常のリハビリで有意な差は認められず   背景 腰痛への運動療...

    続きを読む

  • 2018.12.31

    退院後、リハビリはどこで行うことがよいか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.退院後のリハビリはどこで行う? 2.施設で行った群、自宅で行った群に分けて効果を検証 3.両群ともに生活の質、歩行能力、身体機能の改善が認められました   背景 人工股関節全置換術後のリハビリでは、疼痛や運動機能を改善することや、転倒防止などを目的...

    続きを読む