• 2018.12.22

    前十字靱帯再建術後は遠心性収縮を伴う運動が大切?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.前十字靱帯再建術後の経過について 2.前十字靱帯再建術後患者に対し、標準的なリハビリと遠心性収縮を伴う運動を比較 3.遠心性収縮を伴う運動の方が大腿四頭筋の筋量、最大筋力、片脚跳躍距離で効果がある 背景 膝の前十字靱帯を損傷し、再建術を行った場合、術後3週で大腿...

    続きを読む

  • 2018.12.21

    脳性麻痺児に対する両手を使った集中トレーニングは効果がある?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳性麻痺の片麻痺児では非麻痺側の発達も遅れる 2.脳性麻痺の片麻痺児を対象に両手への集中トレーニングの効果を検証 3.両手の集中トレーニングによって、手の機能が向上する   背景 脳性麻痺による片麻痺では、麻痺があることで非麻痺側も協調性が低下し、...

    続きを読む

  • 2018.12.20

    変形性股関節症の痛みは運動で改善できる、は本当か?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.変形性股関節症患者に対する運動療法の目的 2.変形性股関節症患者に対し運動療法で痛みが改善するかを検証 3.過去の論文を統合した結果でも運動療法によって痛みは改善する   背景 変形性股関節症患者に対し、筋力強化や、関節可動域の改善を目的に、運動療...

    続きを読む

  • 2018.12.19

    COPD患者の半数は吸入器を誤って使用している?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.COPD患者の治療方法について 2.COPD患者を対象に吸入器の使用方法を評価 3.50%以上の患者が、吸入器の使用方法を誤っている   背景 慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease; COPD...

    続きを読む

  • 2018.12.18

    音楽を聴くと運動耐用能や呼吸困難感が改善する?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.COPD患者に運動を継続してもらうためにはどうしたら良い? 2.COPD患者を対象に音楽を聴きながら歩行耐久試験を実施 3.音楽を聴くと歩行耐久能と呼吸困難感が改善する   背景 慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmo...

    続きを読む

  • 2018.12.17

    急激な呼吸機能の低下は、将来の心疾患リスクを高める?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 心疾患の発症リスクについて 2. 呼吸機能を評価し、心疾患の発症リスクを調査 3. 急激な呼吸機能の低下は、心不全のリスクを高める   背景 心疾患を発症するリスクとして、喫煙や運動不足などの生活習慣、糖尿病や高血圧などの疾患が関係することが知ら...

    続きを読む

  • 2018.12.16

    脳卒中者に対する体力トレーニングの効果についてもう一度考えてみよう

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 脳卒中者の体力トレーニングについて 2. 過去の研究から脳卒中者の介護者によるエクササイズの効果を調査 3. 体力トレーニングを行うと歩行速度や距離が改善する 背景 脳卒中者は、入院による長期臥床や活動量の低下により、体力が落ちています。病院や施設、自宅でも、...

    続きを読む

  • 2018.12.15

    脳卒中者に対し、介護者によるエクササイズの効果は?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 脳卒中者の自主トレーニングと介護者について 2. 過去の研究をまとめ脳卒中者に対し、介護者によるエクササイズの効果を調査 3. 介護者によるエクササイズは身体機能を改善するが〇〇は改善しない 背景 脳卒中者が自宅へ退院した後、自主トレーニングを続けるために、家...

    続きを読む