• 2018.12.06

    股関節骨折を繰り返す人の特徴は?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脆弱性股関節骨折の主な治療とは 2.国民健康保険研究データベースを用いて、2度目の骨折要因を調査 3.鎮痛薬や抗炎症薬の長期使用は骨折のリスクとなる 背景 脆弱性股関節骨折の主な治療は、早期手術、リハビリテーション、骨粗鬆症のための三次予防となっています。しかし...

    続きを読む

  • 2018.12.05

    高校生で怪我が多いスポーツは〇〇だった

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.高校生のスポーツ中の怪我について調査 2.男子はアメリカンフットボール、女子は体操で怪我が多い 3.発生しやすい怪我を知ったうえで予防策を考えましょう 背景 中学生や高校生のスポーツ中の怪我は少なくありません。この記事を読まれている方の中にも、中高生を対象に、怪...

    続きを読む

  • 2018.12.04

    変形性膝関節症、体重を減らせば本当に痛みが軽減するか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.肥満と変形性膝関節症 2.体重の減少と変形性膝関節症による痛みが関係について検証 3.体重減少が20%以上の群で痛みが軽減する 背景 変形性膝関節症患者は、高齢者や肥満の人でなりやすいと言われています。保存療法として、患者へ体重を減らすよう指示することも多いと思...

    続きを読む

  • 2018.12.03

    リハビリに音楽を取り入れると疲れにくくなる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.多発性硬化症の症状について 2.多発性硬化症患者に対する音楽を用いたイメージ練習の効果を調査 3.音楽を用いたイメージ練習は身体的な疲労感を改善した 背景 多発性硬化症は神経系疾患の一つであり、代表的な症状に、歩行障害や視覚障害、感覚障害、疲労感などがあります。...

    続きを読む

  • 2018.12.02

    〇〇を損傷していると前十字靭帯再建後の状態が悪い?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.前十字靭帯損傷はコンタクトスポーツで起こりやすい 2.前十字靭帯再建から3年後の状態を調査 3.膝蓋大腿関節軟骨を損傷していると3年後の状態が悪い 背景 前十字靭帯の損傷はコンタクトスポーツやバスケットボールなどで起こりやすい障害です。前十字靭帯損傷に対する治療...

    続きを読む

  • 2018.12.01

    アプリで腹圧性尿失禁は改善できる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.腹圧性尿失禁について 2.アプリで尿失禁が改善するかを検証 3.アプリを使用した自主トレーニングで尿失禁が改善可能 背景 尿失禁は、25~45%の成人女性で起こるとも言われています。尿失禁の分類の中で最も多いものとして、腹圧性尿失禁が挙げられています。腹圧性尿失...

    続きを読む

  • 2018.11.30

    低負荷の運動でも反復をすれば、高負荷の運動と同等の効果がある?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.筋力トレーニングについて 2.低負荷の運動群と高負荷の運動群の2群に分けて、筋肉量に違いが出るか検証 3.低負荷の運動群と高負荷の運動群では筋肉量で有意な差は認められず 背景 筋力トレーニングには、低負荷高頻度の方法と、高負荷低頻度の方法が挙げられます。低負荷高...

    続きを読む

  • 2018.11.29

    脳卒中患者に対する音楽療法は心理面と〇〇に効果がある!

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.脳卒中患者の心理面への介入方法 2.脳卒中患者に対する音楽療法の効果について調査 3.脳卒中患者に対する音楽療法は心理面と上肢機能面に効果がある 背景 脳卒中のリハビリテーションは、身体機能や日常生活動作だけでなく、心理面に関するアウトカムも重要です。心理面への...

    続きを読む