• 2018.12.14

    脳卒中者に対するヨガの効果は?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 脳卒中者の自主トレーニングについて 2. 過去の研究から脳卒中者に対するヨガの効果を調査 3. 脳卒中者におけるヨガの効果は○○? 背景 脳卒中者が自宅へ退院した後、身体機能の維持向上のために自主トレーニングを勧める場合があります。歩行練習やバランス練習、筋力...

    続きを読む

  • 2018.12.13

    地域の脳卒中者の歩行能力を改善させるために有効な方法とは?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 地域での歩行練習と社会参加について 2. 過去の研究から地域での歩行練習の効果を調査 3. 地域での歩行練習は参加を改善する? 背景 脳卒中後、自宅に退院した者は、身体機能の維持向上のために自主トレーニングを勧める場合があります。ある程度歩行能力がある者へは、...

    続きを読む

  • 2018.12.12

    退院時の脳卒中患者、地域で歩行できる能力を持つ人はわずか○%!?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 脳卒中患者のゴールについて 2. 退院時の歩行能力を調査し、自立して地域で歩行できる能力があるか調査 3. 自立して地域で歩行できる能力のある患者は3割未満 背景 脳卒中により入院している患者にとって、自宅に退院することは大きな目標の一つでしょう。しかしながら...

    続きを読む

  • 2018.12.11

    所得によって心疾患や脳卒中の罹患率が異なる?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1. 心疾患や脳卒中を発症する要因とは 2. 所得による地域別に心房細動のリスクを調査 3. 低所得地域では心房細動の罹患率が高い 背景 心疾患や脳卒中の発症に関係する要因として、食生活や運動習慣などの生活習慣が挙げられます。これらの疾患を予防するためには、関係する...

    続きを読む

  • 2018.12.10

    運動習慣がある人の心疾患リスクを予想する方法とは?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.運動と心疾患のリスクについて 2.運動を頻繁に行っている人に対し、心疾患のスクリーニングテストを実施 3.運動をしている者でも心疾患になるリスクはある 背景 冠動脈疾患は、35歳以上のマスターズの選手において、心疾患による突然死の原因になることが知られています。...

    続きを読む

  • 2018.12.09

    変形性股関節症の痛みは理学療法の力でなくせるか?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.変形性股関節症に対する理学療法の効果は? 2.痛みの症状を伴う変形性股関節症の患者を対象とした理学療法の効果検証 3.理学療法群とプラセボ群で有意な差は認められず 背景 診療ガイドラインにおいて、変形性股関節症に対する治療として、疾患の重症度、痛みの度合いに関係...

    続きを読む

  • 2018.12.08

    課題指向型アプローチは効果がない?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.課題指向型アプローチについて 2.中等度の脳卒中片麻痺の外来患者に対する課題指向型アプローチの効果検証 3.課題指向型アプローチ群と従来型作業療法群において有意な差は認めず 背景 脳卒中片麻痺の人へのアプローチとして、CI療法(Constraint-Induce...

    続きを読む

  • 2018.12.07

    トレッドミルとVRの組み合わせは転倒を予防する?

    リハデミー編集部

    記事のポイント 1.転倒を予防する方法 2.トレッドミルとVRを併用したトレーニングの効果を検証 3.トレッドミルとVRを合わせたトレーニングで転倒を予防する 背景 加齢に伴う運動機能の低下や、認知機能の低下は転倒リスクを高める要因となっています。転倒を予防する方法として、実際に障...

    続きを読む