絞り込み

職種で探す

参加者受付中
参加者受付中

ニューロサイエンスとバイオメカニクスからみた運動・動作の捉え方

神経系疾患
  • 玉利誠 先生 / 大田瑞穂 先生 / 菊地豊 先生
  • 2024年5月22日(水)、2024年6月5日(水)、19日(水)、2024年7月3日(水)、17日(水)
  • 20:00-21:30(別途、質疑応答30分)
  • 通常価格
    プレミアム会員
    5,500円 (税込)
    無料

次回の配信: 06月05日(水) 20:00〜21:30

起立動作・歩き始め動作のバイオメカニクスからみた捉え方

講師:大田瑞穂 先生

プログラム

本講義では、臨床現場で遭遇頻度の高い脳神経疾患の運動と動作について、ニューロサイエンスとバイオメカニクスの視点から捉える方法を系統立てて紹介します。


第1講義では、運動と動作の定義を再確認し、運動の拘束条件と姿勢制御の関係について整理するとともに、症候学と障害学に基づいた臨床推論のフレームを紹介します。

第2,3講義では、起立動作・歩き始め動作・歩行の基本的なバイオメカニクスを整理するとともに、健常人と片麻痺者のメカニズムの比較を通して、動作分析時の着眼点を紹介します。

第4,5講義では、パーキンソン病と小脳障害を例に、ニューロサイエンスとバイオメカニクスを融合した各種動作の捉え方について提示します。


【各講義の概要】

第1講義:運動の拘束条件から考える動作の捉え方

講師:玉利 誠 先生(令和健康科学大学)

【到達目標】

臨床現場における動作分析に役立つ基礎知識を理解する。

【学習内容】

① 運動・動作・行為と姿勢制御

② 運動の拘束条件

③ 症候学と障害学


第2講義:起立動作・歩き始め動作のバイオメカニクスからみた捉え方

講師:大田 瑞穂 先生(令和健康科学大学)

【到達目標】

起立動作・歩き始め動作の力学的課題から脳卒中片麻痺者の分析ポイントを理解する

【学習内容】

① 動き始めの力源と逆応答反応

② 起立動作のメカニズムと片麻痺者の分析ポイント

③ 歩き始めのメカニズムと片麻痺者の分析ポイント


第3講義:歩行動作のバイオメカニクスからみた捉え方

講師:大田 瑞穂 先生(令和健康科学大学)

【到達目標】

脳卒中片麻痺者の逸脱歩容をバイオメカニクス的視点から理解して分析できる

【学習内容】

① ロッカーファンクションと片麻痺者の逸脱歩容

② 速度生成のメカニズムと片麻痺者の歩行速度

③ 遊脚期のメカニズムと片麻痺者の逸脱歩容


第4講義:ニューロメカニクスからみたパーキンソン病の基本動作の捉え方

講師:菊地 豊 先生(美原記念病院)

【到達目標】

神経科学およびバイオメカニクス的視点からパーキンソン病の基本動作を理解できる

【学習内容】

① パーキンソン病の基本動作の神経機構

② パーキンソン病の立位姿勢制御

③ パーキンソン病の歩行・移動動作制御


第5講義:ニューロメカニクスからみた小脳障害の基本動作の捉え方

講師:菊地 豊 先生(美原記念病院)

【到達目標】

神経科学およびバイオメカニクス的視点から小脳障害の基本動作を理解できる

【学習内容】

① 小脳障害における基本動作の神経機構

② 小脳障害の立位姿勢制御

③ 小脳障害の歩行・移動動作制御


講座リスト

  • 1.運動の拘束条件から考える動作の捉え方

    開催終了 2024年05月22日 20:00-21:30
    玉利誠 先生
  • 2.起立動作・歩き始め動作のバイオメカニクスからみた捉え方

    開催予定 2024年06月05日 20:00-21:30
    大田瑞穂 先生
  • 3.歩行動作のバイオメカニクスからみた捉え方

    開催予定 2024年06月19日 20:00-21:30
    大田瑞穂 先生
  • 4.ニューロメカニクスからみたパーキンソン病の基本動作の捉え方

    開催予定 2024年07月03日 20:00-21:30
    菊地豊 先生
  • 5.ニューロメカニクスからみた小脳障害の基本動作の捉え方

    開催予定 2024年07月17日 20:00-21:30
    菊地豊 先生

講師紹介

  • 玉利誠 先生

    理学療法士
    令和健康科学大学 リハビリテーション学部 理学療法学科 教授
  • 大田瑞穂 先生

    理学療法士
    令和健康科学大学 リハビリテーション学部 理学療法学科 助教
  • 菊地豊 先生

    理学療法士
    公益財団法人 脳血管研究所附属美原記念病院
    パーキンソン病・運動障害センター センター長補佐
Top