• 2021.03.18

    パーキンソン病患者への、転倒予防効果のある介入方法とは?

    リハデミー編集部

    背景 パーキンソン病患者への転倒予防の方法として、患者教育や運動指導、筋力トレーニングがあります。患者教育と筋力トレーニングを組み合わせることでより転倒予防を改善することができるのでしょうか。 今回、パーキンソン病患者を対象に、転倒予防教育に加えて漸進的筋力トレーニングを行った群、転倒予防教育に加えて運動指導を行った群、生活指導のみ行った...

    続きを読む

  • 2021.03.17

    プッシャー症候群のある脳卒中患者への視覚フィードバックを用いたリハビリの効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 プッシャー症候群のある脳卒中患者へのリハビリとして、コンピューターにて作成されたインタラクティブな視覚フィードバックを行う方法があります。この方法でプッシャー症候群を改善することができるのでしょうか。 今回、プッシャー症候群のある脳卒中患者を対象に、コンピューターを用いてインタラクティブな視覚フィードバックを行った群と鏡を用いて視覚...

    続きを読む

  • 2021.03.16

    慢性期脊髄損傷患者への、ロボットと免荷式トレッドミルを併用した歩行訓練の効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 慢性期脊髄損傷患者への運動の耐久性を向上する方法として、ロボットと免荷式トレッドミルを併用した歩行訓練があります。ロボットと免荷式トレッドミルを併用した歩行訓練を行うことで、より運動の耐久性を改善することができるのでしょうか。 今回、慢性期脊髄損傷患者を対象に、ロボットと免荷式トレッドミルを併用した歩行訓練群と在宅でストレッチを行う...

    続きを読む

  • 2021.03.15

    閉塞性睡眠時無呼吸患者への弾性ストッキングの効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 閉塞性睡眠時無呼吸(OSA:Obstructive Sleep Apnea)の原因として、体液循環の不良さが挙げられます。体液循環を改善する方法として弾性ストッキングを装着する方法がありますが、閉塞性睡眠時無呼吸の症状を改善することができるのでしょうか。 今回、閉塞性睡眠時無呼吸患者に対し、弾性ストッキング装着群と非介入群を比較し、...

    続きを読む

  • 2021.03.14

    パーキンソン病患者へのVRWiiフィットを使ったリハビリの効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 任天堂には、仮想現実(VR:Virtual Reality)とWiiフィットを組み合わせた運動プログラム(VRWiiフィット)のゲームがあります。このVRWiiフィットを行うことで歩行能力やバランス能力が改善できるのでしょうか。 今回、パーキンソン病患者を対象に、VRWiiフィットを使ったリハビリ群、従来のリハビリ+トレッドミル群、...

    続きを読む

  • 2021.03.13

    変形性膝関節症患者への認知行動療法の効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 変形性膝関節症患者における膝の痛みの原因として、機能的なものや心理面が挙げられます。痛みに対する認知行動療法を行った場合、痛みを改善することができるのでしょうか。 今回、変形性膝関節症患者に対し、認知行動療法を行った群と通常のケアを行った群を比較し、痛みや自己効力感、生活の質が改善の違いを調査しました。 認知行...

    続きを読む

  • 2021.03.12

    脳卒中患者に対する、傾斜台を使ったリハビリでより効果的な方法とは?

    リハデミー編集部

    背景 脳卒中患者の麻痺側下肢へのリハビリに傾斜台を用いる方法があります。傾斜台の傾斜角度を変えるだけでなく、麻痺側の膝関節をベルトで固定して、非麻痺側を挙上する方法などもあります。どのような方法がより下肢筋力や歩行能力を改善することができるのでしょうか。 今回、脳卒中患者を対象に、傾斜台を段階的に変えて、麻痺側を固定し、非麻痺側でボールを...

    続きを読む

  • 2021.03.11

    手根管症候群患者への鍼治療の効果とは?

    リハデミー編集部

     背景 手根管症候群への薬物療法として抗炎症薬があり、非薬物療法の1つに鍼治療があります。どちらの方がより症状を改善することができるのでしょうか。 今回、手根管症候群患者を対象に、鍼治療群と抗炎症薬群を比較し、痛み、神経損傷の改善に違いがあるか調査しました。 鍼治療群と抗炎症薬群を比較し、痛み、神経損傷の改...

    続きを読む