• 2021.02.14

    脳卒中患者に対し、AFOを装着して歩行練習を行うメリットとは?

    リハデミー編集部

    背景 脳卒中患者に対し、歩行練習を行う際にAFO(Ankle-Foot Orthosis)装具を付けて行うことも少なくありません。 AFOを装着して歩行練習を行うことで、身体機能だけでなく心肺機能も改善することができるのでしょうか。 今回、亜急性期片麻痺の脳卒中患者を対象に...

    続きを読む

  • 2021.02.13

    特別養護老人ホーム入居者における失禁との関連するものとは?

    リハデミー編集部

    背景 特別養護老人ホーム入居者は、徐々に廃用症候群や既往歴の影響により失禁を伴う人が少なくありません。 失禁に関連する要因にはどのようなものがあるのでしょうか。 今回、特別養護老人ホーム入居者を対象に、失禁に関連する要因を調査しました。   ...

    続きを読む

  • 2021.02.12

    線維筋痛症候群への有酸素運動、バランス訓練それぞれの特徴とは?

    リハデミー編集部

    背景 線維筋痛症候群へのリハビリとして、有酸素運動とバランス運動で痛みや生活の質など様々な効果があると言われています。 有酸素運動とバランス練習それぞれ違いはあるのでしょうか。 今回、繊維筋症候群患者を対象に、有酸素運動を行った群とバランス練習を行った群を比較し 痛み、身体機能、線維筋痛...

    続きを読む

  • 2021.02.11

    脳卒中発症4週未満の患者に対し、CI療法を行った際の効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 CI療法(Constraint-Induced movement therapy)は、麻痺側の上肢を使用させるリハビリですが 発症直後の脳卒中患者へのCI療法はより上肢機能を改善することができるのでしょうか。 今回、脳卒中発症後4週間以内の患者を対象に、CI療法を行った...

    続きを読む

  • 2021.02.10

    COPD患者への歩数計を使って身体活動を促進する効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 慢性閉塞性肺疾患(COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)患者は 身体活動が低下しやすくなることが言われています。 歩数計を用いて1日の身体活動を促進するプログラムを実施することで 身体活動量や身体機能が改善することができるのでしょうか...

    続きを読む

  • 2021.02.09

    心不全患者に対する、ノルディックウォーキングの効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 ノルディックウォーキングは、登山用の杖を2本使用し歩く方法のことです。 このノルディックウォーキングを行うことで、心不全患者にはどのような効果があるのでしょうか。 今回、心不全患者を対象に、在宅での遠隔リハビリにてノルディックウォーキングを行った群と 通常のケアを行...

    続きを読む

  • 2021.02.08

    片麻痺の脳性麻痺児に対する後ろ歩きの練習の効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 バランス能力を改善する方法に後ろ歩きがあります。 痙直型片麻痺の脳性麻痺児に対しても同様にバランス能力を改善することがでるのでしょうか。 今回、痙直型片麻痺の脳性麻痺児を対象に、従来のリハビリに加えて後ろ歩き練習群と従来のリハビリ群を比較し バランス能力を調査しました。 ...

    続きを読む

  • 2021.02.07

    多発性硬化症患者へのレジスタンストレーニングの効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 筋力トレーニングの方法として、等張性の漸増抵抗運動がありますが 多発性硬化症患者にとってはどの程度の負荷量が適切でしょうか。 今回、多発性硬化症患者を対象に最大筋力の40%以上で運動した群と 通常の筋力トレーニング群を比較し筋力の改善を調査しました。  ...

    続きを読む