• 2021.03.26

    糖尿病性の胃不全麻痺患者への鍼治療の効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 糖尿病患者は、低血糖と高血糖を繰り返すと胃不全麻痺を引き起こすことがあります。非薬物療法の1つに鍼治療が挙げられていますが、鍼治療を行うことで胃不全麻痺症状を改善することができるのでしょうか。 今回、糖尿病性の胃不全麻痺患者を対象に、鍼治療を行った場合と偽鍼治療を行った場合の胃不全麻痺症状の違いを調査しました。 ...

    続きを読む

  • 2021.03.25

    冠状動脈疾患に対する遠隔リハビリと外来リハビリの効果の違いとは?

    リハデミー編集部

    背景 冠状動脈疾患患者の退院後の支援として、遠隔でリハビリを行う、外来でリハビリを行う方法があります。遠隔でリハビリを行った場合と外来でリハビリを行った場合で、どのような違いがあるのでしょうか。 今回、過去の論文をまとめて、冠状動脈疾患患者を対象に、遠隔でリハビリを行った場合と外来でリハビリを行った場合で、運動能力や運動の耐久性、生活の質...

    続きを読む

  • 2021.03.24

    思春期特発性側弯症患者への術前リハビリの効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 思春期特発性側弯症に対する外科的治療後は、運動ができない時期もあるため、早期からのリハビリが重要とされていますが、術前からリハビリを開始することでより術後の歩行能力を改善することができるのでしょうか。 今回、思春期特発性側弯症患者を対象に、術前4ヶ月からリハビリを行った群と非介入群を比較し、術後の歩行能力の違いを調査しました。...

    続きを読む

  • 2021.03.23

    脳卒中患者への任天堂Wiiを使ったリハビリの効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 任天堂Wiiは、フィットネスのゲームを販売していますが、Wiiを使ってリハビリを行うことで通常のリハビリよりも運動能力を改善することができるのでしょうか。 今回、脳卒中患者を対象に、Wiiを使ってリハビリを行った群と通常のリハビリを行った群を比較し、麻痺の状態と生活の質が改善するか調査しました。 Wiiでリハビ...

    続きを読む

  • 2021.03.22

    パーキンソン病患者に対する集団での運動やピアサポートによる効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 患者の身体活動量を向上させるための支援として、集団で運動を行うことやピアサポートを受けること、患者自身のペースに合わせた運動プログラムを提供することが大切になります。集団での運動やピアサポートを行うことで、身体活動量が増加するのでしょうか。 今回、パーキンソン病患者を対象に、集団での運動やピアサポート群と通常のケア群を比較し、身体活...

    続きを読む

  • 2021.03.21

    脳卒中患者への身体活動に対する指導を毎日行う効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 脳卒中患者の入院期間は、歩行能力を改善するために身体活動量を増やしていくことが大切です。患者に加速度計を装着し、1日の身体活動量について療法士から毎日フィードバックを行うことで、歩行能力を改善することができるのでしょうか。 今回、脳卒中患者を対象に、毎日フィードバックを行った群とフィードバックを行わなかった群を比較し、歩行能力や身体...

    続きを読む

  • 2021.03.20

    脳卒中患者への経頭蓋直流電気刺激の効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 脳卒中患者への麻痺を改善する方法に、運動皮質に電気刺激を加えて脳神経の活動を促進させる経頭蓋直流電気刺激(tDCS:transcranial Direct Current Stimulation)があります。経頭蓋直流電気刺激で下肢の麻痺や筋活動、運動能力を改善することができるのでしょうか。 今回、脳卒中患者を対象に、経頭蓋直流電気...

    続きを読む

  • 2021.03.19

    片側人工膝関節全置換術後患者への在宅で運動を管理するプログラムの効果とは?

    リハデミー編集部

    背景 片側人工膝関節全置換術後患者は、退院後に外来でリハビリを受けることがあります。在宅で運動ができているか管理しながら行う方法は、外来でのリハビリと同じ程度身体機能を改善することができるのでしょうか。 今回、片側人工膝関節全置換術後患者を対象に、在宅運動管理プログラム群と外来リハビリ群を比較し、膝の状態、歩行能力を調査しました。...

    続きを読む