絞り込み
応募終了
応募終了

脳卒中後のExtension Thrust Patternについて考える ~どのような運動療法と装具療法を選択していくのか、症例を通じて~

神経系疾患, 運動器疾患
  • 深田和浩 先生 / 栗田慎也 先生
  • 2024年1月27日(土) 20:00~21:00
    ※募集受付終了
  • プレミアム会員限定
プログラム

<企画概要>

脳卒中発症後に運動麻痺や感覚障害、痙縮などにより歩行能力に影響を及ぼすことが多く、その改善に向けたリハビリテーションは行われることが多い。

今回、De Quervainらは脳卒中患者の歩行を膝関節の動きで分類しており、そのうち、立脚期に膝関節が過度に伸展するExtension Thrust Patternの理学療法介入について症例呈示をさせていただきます。

症例を通じて、Extension Thrust Patternに対してどのような介入(運動療法や装具療法など)が歩容や歩行速度、ADL動作の改善につながったのか、演者の考えを提示しながら、参加者の皆様が臨床現場でより効果的に対応できるよう議論できたらと思います。


講師紹介

  • 深田和浩 先生

    理学療法士
    武蔵台病院 リハビリテーション課
  • 栗田慎也 先生

    理学療法士
    地方独立行政法人 東京都立病院機構 東京都立大久保病院 リハビリテーション科 主任
Top